新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

即興演奏を発展させる方法

2019年11月27日 | 即興演奏
即興演奏を発展させる方法は具体的にどんなものがあるだろうか?

こんな問いが浮かびました。

作曲の場合、わかりやすいところでは以下のようなものがあります。

■反復する(その際、高さを変えても良い)
■主題の一部分を切り取って反復する(その際、高さを変えても良い)
■反行、逆行、反行の逆行
■分割装飾

この他にもいろいろな型がありますが、ここでは一番最初にあげた「反復する」ということに着目してみます。

反復するだけなのでさほど難しくはありません。
しかしながら反復するためには反復する対象となる音の動きを記憶している必要があります。

紙と鉛筆を使って机の前で作曲している場合にはこのようなことは問題になりませんが、自分と楽器だけでその場で音楽を作る際にはこのようなことが思いのほか大事です。

反復するのは演奏を発展させる最も簡単な方法ですが、同じ反復だけだと飽きて来ます。聴き手だけではなく、演奏している本人もそうです。

そのためには反復する際に音の高さを変えてみる、という方法があります。
このようなことが出来るようになるためにはもとになる主題がどのような調(旋法)で成り立っているのかということを理解しておく必要があります。

反復の際に変化させるのは音の高さだけに限りません。
音の高さは変えないでその主題(動機)を成り立たせているリズムを変化させるという方法もあります。

ここまで音の高さ、およびリズムという切り口からの方法をまとめてみます。
主題(動機)を変化させるための方法は次ぎの通り。
*リズムは変えないで音の高さを変える
*音の高さは変えないでリズムだけを変える
*音の高さもリズムもどちらも変化させる

即興演奏のための材料(主題)としては既存の旋律でも良いし、自分自身で前もって作っておいたもの、あるいはまたその場で作り出したものでも良いです。

いずれにしても即興演奏において反復するという方法を使えるための条件として最低限必要なのはその主題を記憶していることです。

::::::::::::::::::::::::::::

実際の即興演奏の際には目の前に時計をおいて、あらかじめ何分間の即興演奏をする、と決めておくのは有効な方法です。

また、この場合、何分地点にクライマックスになるポイントを作る、という条件を自分自身に課すのも良いでしょう。このことによって即興演奏自体は単なる音の羅列ではなく、緊張感の変化のあるものになります。

補足:
最初は音の羅列でも良いです。
即興の初心者にとっては即興的に音を並べてゆくことさえ難しいことです。

音を並べることが出来ない場合には落ち着いて、休みをとっても良いし、あるいはまたとりあえず長い音を出して、その音が鳴っている間に次ぎに来るべき音を考えるという方法もあります。

この記事についてブログを書く
« 日常生活のなかで即興演奏に... | トップ |