新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

ウォーミングアップ無しでいきなり演奏する

2019年11月22日 | 練習の方法
ウォーミングアップ無しで曲をいきなり最初から最後まで演奏するという練習の方法があります。

自分ひとりでも出来ますが、聴いてくれる人が居たらいっそう効果的です。
いつもは大抵うまく演奏できるはずの曲がそのような場面では出来なくなってしまうことがあります。

出来の悪い演奏をするのは恥ずかしいものですが、このような経験を積み重ねて上達がよりいっそう着実なものになるでしょう。

ある程度演奏できるようになった曲は是非、誰かの前で演奏してみましょう。
ウォーミングアップを一切しないでいきなりその曲を最初から最後まで演奏してみます。

間違えた音を出しても、音そのものを出しそこなっても決して止まったりやり直したりしないで最後まで演奏します。
自分の出している音があまりにもひどくて、途中でやめたくなってしまうかもしれませんが、それでも最後までやってみます。

自分自身のかかえている技術的な問題点を発見する良いチャンスです。

:::::::::::::::

補足:
このような場合に批評的になり過ぎるのも要注意です。
演奏技術がまださほど身についていないという点、そしてウォーミングアップ無しという条件ではうまくゆかないのが当然、そして失敗して当然とも言えます。

結果はなるべく肯定的に捉えるのが良いです。(他の人に対してだけではなく、自分自身に対しても)

補足:
このような練習をする際にはどのような曲を選ぶのか、ということも考えてみます。
あまりにも難しすぎる曲はそもそもウォーミングアップなしていきなり演奏すること自体、無理があります。
このような練習のためには技術的にはほどほどの曲を選びます。

ほどほどの曲であっても、それでもこのような条件ではなかなかうまく演奏できないものです。
そういう経験を通して得られるものが後々、大きな宝物になります。

前進あるのみ!



この記事についてブログを書く
« 自動化した方が良い事とそう... | トップ | あらかじめ予定を考えてから... »