新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

テンポを上げてゆく方法

2019年10月31日 | 練習の方法
テンポを上げてゆく方法としてわかりやすいのは以下のふたつ。

■メトロノームでひと目盛りずつ上げてゆく
■曲のなかの難しい箇所だけ取り出して練習する

特にふたつめ、難しい箇所だけ特定して練習するのは良い方法です。この場合、その箇所を特定できただけでは不十分で、なぜ、その箇所だけがうまく出来ないのかという原因を突き止めることが必要です。原因さえわかれば対処の方法があるからです。

ひとつめ方法、メトロノームでひと目盛りずつテンポを上げてゆく方法ですが、これは問題をかかえています。ある一定以上テンポが上がらなくなってしまうということです。
これは特定の場所がうまく演奏できないことが原因なので、上記ふたつの方法のなかではひとつよりも、ふたつめの方法が優先されるべきです。

ここまでは良いのですが、それ以外の方法を紹介してみます。
テンポに限りませんが、自分自身と楽器との距離を近づけてゆくための考え方です。

その時、取り掛かっている曲と異なる曲を練習することです。
このことによって異なる身体の使い方を体験することが出来ます。そのことを通じて楽器と自分との距離が近くなります。

「うまく演奏できない」というのはすべからくその奏者がその楽器をうまく使いこなせていない、ということに起因しています。
ひとつの曲しかうまく演奏できないよりは、より多くの曲を演奏できるようにしておくことのほうが有利です。

そのために必要なのは自分にとって「定番の曲」というのを決めておくことです。
スランプに陥った時、何か必要があって特定の曲のテンポを上げてゆきたい時、あるいはまた作曲や編曲に取り組んでみたい時など、様々な場合に「定番の曲」で音を出してみます。

奏者の状態は毎回、変化します。
「定番の曲」を演奏することによって自分自身がどのような状態にあるのか、ということを知ることが出来ます。

テンポを上げてゆくための方法に限らず、広く応用できる考え方です。

::::::::::::::::

補足1:
「これ以上テンポを上げることは不可能」と自分の状態を受け入れることが必要になる場合もあります。
音楽的、あるいは自分自身の技術的な限界を客観的に判断し、いったんその判断をした後はその判断のなかで最大限の表現ができるように試みます。

補足2:
メトロノームを使ってテンポを上げる方法ですが、ひと目盛りずつテンポを上げてゆく方法に加えて、遅いテンポで繰り返し練習し、いきなり速いテンポにするという方法もあります。実際の演奏の現場では練習と異なるテンポになることもある為、本番を想定した練習としてはこのような方法も必要です。(このような方法をとって全く演奏不可能になってしまう場合、そもそも曲がその奏者の限界を超えて難し過ぎる、ということかもしれません。このあたり要注意です)







この記事についてブログを書く
« 練習開始の際の心理状態(個... | トップ | 自動化した方が良い事とそう... »