新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

「基本的な技術」とは その項目の最重要事項のひとつ

2020年01月07日 | 全般的な事柄
「基本的な技術」とは その項目の最重要事項のひとつについて。

それはその場ですぐに演奏できる曲の数です。(フレーズを綺麗に吹くとか、感情的、精神的な表現を込めるとか、あるいはまた様式のことなど、そのような事柄はここでは考えないことにします)

とにかくその場で演奏できる曲の数。それだけ。
このように切り口をひとつだけにしてみるとその奏者が今、どのあたりの地点にいるのか、ということがわかりやすくなります。

暗譜していてそれを演奏できるのでも良いし、その場に楽譜があって、それを初見で演奏できるということも数に入れて良いことにします。

このようにするとその奏者がどの程度のところにいるのか、ということを数値で表すことさえ可能です。

:::::::::::::::
自分自身が今、どこに居るのか、ということを自分なりに客観的に認識するためのの切り口です。
どこに居るのか、ということが理解できればどこを目指して進むのか、ということを決めることが出来ます。
この記事についてブログを書く
« 難しいけれど是非、演奏して... | トップ |