新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

ウィンドウェイの湿気と音色の関係

2019年09月22日 | 楽器の状態を感じとりながら音を出す
楽器には個性があります。
ウィンドウェイがかなり湿気を帯びていなければ良い音のでない楽器もあれば、そうでなくともすぐに良い音色を出す楽器もあります。

経験上、木製の楽器は全般的にウィンドウェイが湿気を帯びているほうが良い音が出ます。

演奏会や録音などでウォーミングアップをする時間があまりない時、あるいは暑い季節などはスポイトでほんのちょっとだけウィンドウェイに水をたらすと良いです。

水の量が多すぎるとブロックやウィンドウェイの天井部分が急激に膨張する危険があるので、あくまでも「ほんのちょっと」の水がコツです。

寒い季節にはほんの少しのウォーミングアップだけですぐにウィンドウェイが湿気を帯びるのでこのようなことをわざわざする必要はありません。

また、同じ条件で音を出してもウィンドウェイに湿気を帯びやすい楽器とそうでない楽器があるので、そのあたりの楽器の個性の見分けは奏者にとっては大事です。

*補足事項
「ウィンドウェイに湿気を帯びる」ということと「ウィンドウェイに水がたまる」ということは別の事柄です。
湿気を帯びると音色、あるいは楽器の反応に有利に働きますが、水がたまると楽器の反応が鈍くなり、音色が曇るなど否定的な事柄となって現れます。

それではその両者の境界線をどこで引くべきでしょうか?
このあたりのところもリコーダーを演奏する上で考えてみたいポイントのひとつです。


この記事についてブログを書く
« 高音域の音色について | トップ | 速いパッセージ »