新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

強い息から弱い息へ?弱い息から強い息へ?

2018年09月30日 | 息のこと
私の今までの経験上、演奏している最中に弱い息から強い息に変化することよりも、強い息から弱い息に変化するほうが難しいです。

強い、弱いはそのまま息の速度が速い、遅いと考えてもらって良いです。

例えば2オクターブの跳躍があるとします。

■アルトリコーダーで言えばまんなかのソの音から一番低いソの音に跳躍するパターン

■低いソの音から1オクターブ高いソに跳躍するパターン

::::::::::::::::

どちらも1オクターブの跳躍であることに違いはありません。しかしながら経験上、低い音から高い音へ飛ぶのはさほど難しくありませんが、高い音から低い音に跳躍するのはあきらかに難しいです。

これは一体、何を意味しているのでしょうか?

思うに楽器が反応する許容範囲の問題なのでは。

つまりまんなかのソの音ではある程度、ソの音らしき音が出る許容範囲が広いのですが、低いソの音の場合はその許容範囲が狭いのです。

簡単に言ってしまえば、ラクに出る状態とラクに出ない状態があるということになります。

::::::::::::::::

このような状況をより意図的にもっと難しくしてみます。

ソの跳躍ではなく、ファのシャープの跳躍ではどうなるでしょうか。

アルトリコーダーの場合、低いファのシャープはダブルホールを使う音です。半音高いソの音よりもさらに繊細な息のコントロールが求められる音です。

いろいろな音からとにかく低いファのシャープを目指して跳躍してみましょう。

地味ですが息の制御にはとても良い練習になります。

::::::::::::::::

追伸:
低いファのシャープのかわりに何でも良いですからフラジオレットの音を出してみることにしましょうか。
ファのシャープの時よりもさらに繊細なコントロールが必要になることがわかります。

常々、考えておきたいことなのですが、練習の際には「極端な状況」に自分自身を慣れさせておくことが必要です。極端に速いテンポ、極端に遅いテンポ、あるいは極端に息の速度に差がある跳躍などなど。。。。

フラジオレットと超弱音の練習(2018年8月2日)

2018年08月02日 | 息のこと

練習の方法を解説します。
1.アルトリコーダー"2"の指使いで普通の息の強さで音を出すと「ソ」の音が出ます。
2.どんどん息を遅くしてゆきます。音量が小さくなって音も低くなってゆきます。
3.あるところに来ると突然、はっきりした音で「ソ」の音が鳴ります。これがフラジオレットです。

上記の手順でまずフラジオレットを出す練習をします。

次にやるべきことはフラジオレットの音が出る少し前の段階においてはとても小さいですが、ある程度、奏者によって制御可能な音を出せる可能性があることに気がつくことです。

それらの音を使って短い練習曲を作ってみたのが上の例です。

まずフラジオレット音を出して次に来るべき完全5度下の「ド」の音の基準にします。ほんの少しだけ息を速くすると「ド」の音に近い音が出ます。その後は指使いを変化させずに、息の変化だけでこの練習曲をやってみましょう。

注意:
初心者の人はこのような練習はやる必要はありません。楽器にある程度、慣れて来て、もっと自分自身の演奏技術と楽器の可能性を追求したい人のための練習です。

息のこと(2018年8月1日)

2018年08月01日 | 息のこと
「息」こそがリコーダー演奏の要点です。息が良ければ演奏が大きく向上しますし、息以外の技術がどんなに達者でも、息がダメだと演奏は全くダメなものです。

リコーダーの場合は強すぎず、弱すぎず、ということが基本になるのですが、これではちょっとわかりにくいので、別表現を持って来てみます。

良い演奏者がどんな息の使い方をしているのか、ということを見てみること。そして初心者またはほんの少しだけ経験のある人の息の使い方はどうでしょうか?

良い演奏者は実に微妙な息の使い方が出来るものです。

しかし経験の少ない人は往々にして「とても強く吹く」か「弱くて貧弱な音」の二種類の息しか使えないことも多いものです。

何故、このようなことになってしまうのでしょうか?

良い演奏者の際立った特徴のひとつとしては「どんな音を出したいのか明瞭なイメージを持っている」ということがあります。

それに対して経験の少ない奏者はどんな音色を出そうとするのか、というイメージ自体が全くないまま音を出していることが多いものです。このことが悪いと言っているわけではありません。

経験が少ないうちはまず楽器に慣れるということが大事ですから、あまり細かいことに気が行かなくとも良いのです。

でも少しずつ楽器にも慣れて来て、楽譜も読めるようになってきたらたとえ経験が少なくとも演奏に自分自身の表現を込めてゆくのはとても良いものです。

そのために避けて通ることが出来ないことのひとつ、それが「息」のことです。それは「どんな音を出したいのか」という奏者自身のイメージと直結しています。

それではここで息のコントロールを学ぶためのひとつの練習を紹介してみます。

アルトリコーダーでまんなかの「ソ」の音を出してみましょう。指使いは"2"。つまり左手の中指の穴だけがふさがれた状態です。

練習は次の順番でやってみることにしましょう。

1.普通に「ソ」の音を出してみましょう
2.それでは息を遅くしてその指使いのままで「ファのシャープ」の音を出してみましょう。
3.同じ指使いを保ったまま、もっと遅い息にしてみましょう。
4.音はどんどん低く、音量は小さくなって、自分にも聴こえないほど小さくなります。
5.それでもかまわずもっと息を遅くしてみた時に突然「ソ」の音がはっきりと出る瞬間があります。(フラジオレット音と呼ばれています)
6.もし可能ならばフラジオレット音にできるだけ長く留まってみましょう。

精密な息のコントロールの練習としてはとても効果的です。

それでは今度は「ソ」の指使いのままで強い息をだして「ソのシャープ」の音を出すことは可能でしょうか?

あるいはまたそれよりも1オクターブ高い「ソ」の音でロングトーンをすることは出来るでしょうか?

注意:
フラジオレット音はとても遅い息が必要です。リコーダーを始めたばかりの人はこのような練習はやらないほうが良いです。始めたばかりの人はまず、普通の息で普通に楽器が鳴るように練習しましょう。
フラジオレット音の練習はある程度、リコーダーという楽器の演奏経験を積んだ中級者の皆さん向けです。