新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

即興演奏を発展させる方法

2019年11月27日 | 即興演奏
即興演奏を発展させる方法は具体的にどんなものがあるだろうか?

こんな問いが浮かびました。

作曲の場合、わかりやすいところでは以下のようなものがあります。

■反復する(その際、高さを変えても良い)
■主題の一部分を切り取って反復する(その際、高さを変えても良い)
■反行、逆行、反行の逆行
■分割装飾

この他にもいろいろな型がありますが、ここでは一番最初にあげた「反復する」ということに着目してみます。

反復するだけなのでさほど難しくはありません。
しかしながら反復するためには反復する対象となる音の動きを記憶している必要があります。

紙と鉛筆を使って机の前で作曲している場合にはこのようなことは問題になりませんが、自分と楽器だけでその場で音楽を作る際にはこのようなことが思いのほか大事です。

反復するのは演奏を発展させる最も簡単な方法ですが、同じ反復だけだと飽きて来ます。聴き手だけではなく、演奏している本人もそうです。

そのためには反復する際に音の高さを変えてみる、という方法があります。
このようなことが出来るようになるためにはもとになる主題がどのような調(旋法)で成り立っているのかということを理解しておく必要があります。

反復の際に変化させるのは音の高さだけに限りません。
音の高さは変えないでその主題(動機)を成り立たせているリズムを変化させるという方法もあります。

ここまで音の高さ、およびリズムという切り口からの方法をまとめてみます。
主題(動機)を変化させるための方法は次ぎの通り。
*リズムは変えないで音の高さを変える
*音の高さは変えないでリズムだけを変える
*音の高さもリズムもどちらも変化させる

即興演奏のための材料(主題)としては既存の旋律でも良いし、自分自身で前もって作っておいたもの、あるいはまたその場で作り出したものでも良いです。

いずれにしても即興演奏において反復するという方法を使えるための条件として最低限必要なのはその主題を記憶していることです。

::::::::::::::::::::::::::::

実際の即興演奏の際には目の前に時計をおいて、あらかじめ何分間の即興演奏をする、と決めておくのは有効な方法です。

また、この場合、何分地点にクライマックスになるポイントを作る、という条件を自分自身に課すのも良いでしょう。このことによって即興演奏自体は単なる音の羅列ではなく、緊張感の変化のあるものになります。

補足:
最初は音の羅列でも良いです。
即興の初心者にとっては即興的に音を並べてゆくことさえ難しいことです。

音を並べることが出来ない場合には落ち着いて、休みをとっても良いし、あるいはまたとりあえず長い音を出して、その音が鳴っている間に次ぎに来るべき音を考えるという方法もあります。


日常生活のなかで即興演奏に近い人の営みは何だろうか?

2019年11月27日 | 即興演奏
日常生活のなかで即興演奏に近い人の営みは何だろうか?

こんな問いが浮かびました。
思いつくまま例をあげてみると・・・

■スピーチ
■雑談
■長電話
■日常雑記
■落書き
■ひとりごと

他にもいろいろありそうです。
即興演奏もこのような日常的な営みのひとつとして捉えることが出来ればしきいが低くなるかもしれません。

バロックの分割装飾やジャズのアドリブなどは高度に洗練されており習得のためのメソードもある程度確立されていますが、雑談や日常雑記のメソードというようなものは聞いたことがありません。

とりあえず目の前に録音機を置いてその時に思い浮かぶ旋律やリズムを録ってみてはどうでしょうか。そこから新しい発見が生まれるかもしれません。

補足:
即興演奏を録音する時には「無駄な音があっても良い」ということにしてみます。
あるいはまた「不必要に思える長い休みもあっても良い」としてみてはどうでしょうか。

結果として出来上がって来るものはそのまますぐに作品として残せるようなクオリティにはならない場合が大部分かもしれませんが、それでも良いことにしてみます。

::::::::::::::::::::

補足2

いきなり録音機の前でそのまま演奏しはじめるのは難しいです。
細かい音の並びまでは明らかでなくても、ある程度、音楽(あるいは音楽以前の音の並び)のイメージのようなものはあるほうがラクです。

スピーチをする場合にも、いきなりスピーチしてください、と言われるよりも、前もってどんな内容のスピーチをするのか考えているほうがラクに出来ます。

音楽と言葉というものの共通点を見つけてゆこうとする在り方を通してその人なりの即興演奏に何か新しい展開が生まれるかもしれません。

おかしな音が沢山出てくることでしょう。
でもそれは恥ずかしいことでも何でもなくて、それこそが即興演奏の始まり、良い音楽の始まりです。

言うなれば、おかしな音を沢山、出すことによって新しい次元の演奏者に自分自身を生まれ変わらせてゆくことが出来るわけです。

Stephan Braun Jazz-cello: Rococo Improvisation (Tchaikovsky)

2019年06月12日 | 即興演奏
Stephan Braun Jazz-cello: Rococo Improvisation (Tchaikovsky)

即興演奏の例としてこのような動画がありました。
楽器は異なりますが、器楽奏者としてこのような表現が可能、というひとつの例としておおいに参考になります。

即興演奏の教則本 古いもの、新しいもの

2019年05月20日 | 即興演奏
オルティス、ガナッシ、ヴィルジリアーノ、バッサーノらの記述(ルネサンス)

クヴァンツのイタリア装飾に関する記述(バロック)

種々のジャズ教本(現代)

これらの教則本を見ると、ある共通のことに気がつきます。
まず最初に定まった音の動きがあり、それに対しての装飾型が提示されます。

ルネサンス、バロック、ジャズと様式は異なっているのですが即興演奏の技法をどのようにして学ぶのか、という考えかたがここに示されています。

ということはこれから新しい様式の音楽(即興演奏が重要な位置づけとなるようなもの)を作ってゆく際には、歴史上の即興演奏の教則本を成り立たせてきた考えかたに着目する、というのはひとつの方向性です。

::::::::::::::::::

ギリシャ時代の哲学者ソクラテスは文字を否定していたそうです。「文字など使っては記憶能力が失われてしまうではないか」といったような意味の彼なりの理由があったようです。

音楽の世界ではどうでしょうか。歴史に名前をとどめていませんが、もしかしたらソクラテスのような人が居たかもしれません。

「楽譜など使っては記憶能力や即興能力が失われてしまう」とその人は言ったかもしれません。

少なくとも西洋の音楽の歴史を見る限り、それは作曲者と演奏者が分断されてゆく歴史でした。その流れは今も変わっていません。しかし、ここでもう一度、即興演奏というものに目を向けてみるのは面白いです。
何か新しいものが生まれる可能性があります。