新しいリコーダー奏法

吉嶺史晴によるリコーダー奏法解説ブログです。上達してゆくための全般的な考えかた・生き方のヒントについても書いています。

状況に応じて変化するタンギングの硬さ

2018年10月09日 | タンギング
状況に応じて変化するタンギングの硬さについて書きます。

リコーダーを演奏する際には硬いタンギングti,tuなど、そして柔らかいタンギングdu,di,ru,ri,などを使います。

特に硬いタンギングについてですが、その「硬さ」は全く無伴奏の時と、他に同時に音が出ている場合、あるいは音域によっても変化します。

例えば無伴奏の場合には他に全く音がないのでほんの少し硬いだけでもその差が聴き手に理解されます。

しかしピアノやチェンバロなど伴奏の楽器がある場合にはその楽器によってリコーダーの音が程度の度合いはあっても、打ち消されてしまうので、全体としてタンギングは硬く発音する、ということを意識します。

特に、低音域についてはそのことを意識しないまま演奏していると音そのものが聴き手にほとんど届かないということも起こりますので要注意です。

伴奏楽器がある場合であっても、リュートなど柔らかい楽器の場合はピアノやチェンバロの時ほど気をつけなくても良いでしょう。

またチェンバロであっても柔らかい音のチェンバロの時と、立ち上がりが明瞭で派手な音のチェンバロの場合とでは違います。

問題になりやすいのは多くの場合、リコーダーの低音域です。

伴奏楽器ということではないですが、リコーダーだけによるアンサンブルの場合において自分自身がバスリコーダーを担当している時にも、これに通じる考えかたが使えるかもしれません。

リコーダーアンサンブルの場合、音として聴こえやすいのは外声、つまりソプラノとバスの声部です。アルトとテナーは聴こえにくいということになっています。

しかしバスリコーダーの音は音それ自体は聴こえやすくとも、音の立ち上がりは聴こえにくいのが現状です。この場合にも極端にならない程度にある程度、硬いタンギングを積極的に使うほうが全体としてのまとまりはよくなることが多いです。

ルネサンスのセットになったリコーダーがあります。
低音リコーダーは柔らかく吹く、という印象があるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。
ルネサンスであってもバロックでも現代的な楽器であっても低音は立ち上がりが遅くなるという物理現象は共通しているので、それを補うためにも硬いタンギングは有効です。

慣れないうちには硬いタンギングを使うことにおじけづくことがあるかもしれません。
上手な演奏者がコントラバスリコーダーを演奏している際に至近距離でその音を聴くチャンスがあると良いです。

やわらかい曲想を演奏する場合であっても、それぞれの音が始まる瞬間にはかなり明瞭な立ち上がりを与えながら演奏しています。

このことから、奏者自身が表現したい曲想と、実際に使うタンギングの硬さが必ずしもおなじようなニュアンスになるとは限らないということが理解されます。



二元論的にタンギングを考えてみる

2018年09月21日 | タンギング
二元論的にタンギングを考えてみるとどうなるでしょうか。

■シングルタンギングとそれ以外のタンギング(ダブル、トリプル)
■硬く発音するタンギングと柔らかく発音するタンギング
■スタカートとレガート(ポルタートとも言われます)
■口のなかの容積が比較的大きいタンギングと狭いタンギング
■舌の先端だけが動くタンギングと舌全体が動くタンギング
■口のなかに唾液がほとんどたまっていない状態で行うタンギングとそうでないタンギング
■喉を使うタンギング(g,kなどのシラブル)とそうでないタンギング
■タンギングしたことが聴き手に明瞭に聴き取れることを意図するタンギングと、そうでないタンギング
■音を始める際のタンギング、音を終わらせる際のタンギング

などなど様々な切り口がありますが、ここではとりあえず「硬い」タンギングと「柔らかい」タンギングを考えてみます。

ルネサンス期やバロック期の文献を見てもこれらの区別があることを見てみると、これは演奏にとっては必要不可欠の考え方であることは明白です。

ただし、実際問題としては「硬い」タンギングと「柔らかい」タンギングだというふたつの方法だけでは演奏は成り立たない場合があります。

たとえば奏者自身はなるべく「硬く」発音したいと思っていても楽器の特性や、その時に演奏している音楽の様式がそれを許さない場合があります。

このような時には妥協点を見つけながら演奏するしかないわけですが、問題はそれほど硬くはないけれども、それでも柔らかいタンギングではないことが聴き手に明瞭に聴き取れるようなタンギングは果たして、実際にどのようなものか、ということです。

文献にはタンギングシラブルを使い分けることが示してあります。

ti,ti,ti,ti,あるいはtidi,tidi,あるいはまたtidiri,tidiriなどなど。

しかしながら実際には硬いdiもあれば、柔らかいtiもあるわけです。このようにして考えてみると、タンギングシラブルを使い分けるというのは考えかたそれ自体としては筋の良いものに思えますが、実際の演奏にそれがどれほど役に立つのかは一度、疑ってかかる必要があるのではないでしょうか。

少なくとも考え方それ自体としてはたったひとつのタンギングシラブルtiというようなもので、それを比較的硬く発音したり、あるいはまた柔らかく発音することによって多様性を持たせることは可能なはずです。

昔の文献に書いてあることは大事なことなのですが、しかしながらあるひとつの事象について考える際に、なにがなんんでも昔の文献に書いてあることを絶対に守らなくてはならないということではありません。

ガナッシにとって正しかったことはオトテールによっては正しくなかったかもしれません。
クヴァンツにとって大事だったことはオトテールにとってはさほど重要なことではなかったのかもしれません。

ここにはあるひとりの奏者がひとりの音楽家として自立した存在になるためのヒントが隠されていないでしょうか?

タンギング(2018年8月1日)

2018年08月01日 | タンギング
タンギングはtongueingです。つまり舌で「トゥトゥトゥー」、「ティティティー」、「テテテー」。柔らかく発音したい時には「ドゥドゥドゥー」、「ディディディー」、「デデデー」というように動かしながら音と音を明瞭に区別する技術のことです。

これについては1冊の本が書けるぐらい細かい練習方法や考えかたがあるのですが、ここでは簡単にタンギングをする時に気をつけたいことを書いてみます。

タンギングをする際には音色が悪くならない程度に口の中の容積を小さくする、という考えかたがあり、そしてまた音色のために口の形は「オー」というような形を保つ、というような考えかたもあるようです。

確かに口の中をどのような母音の状態にしながらリコーダーを演奏するのか、というのはなかなかデリケートな問題のようです。

奏者によってはそのようなことなど気にしないでとても良い音を出している人もいれば、そのようなことを気にしないまま、雑音成分の多いシューシューした音で音を出している人もいていろいろです。

どちらにしても楽器に空気が流れ込む前の状態の息の流れが音色には決定的となっていることは間違いありません。

私がお勧めしたいのはあまり口のなかの容積を大きくしないで演奏する方法です。リコーダーを演奏する際には最初から最後まで口は「エ」とか「イ」の母音の状態を保っておくのです。

こうしておけば必然的にタンギングは「テテテテー」、「デデデデー」あるいは「ティティティー」、「ディディディー」のようになります。一般的なダブルタンギングの場合だと「テケテケ」、「デゲデゲ」、あるいは「ティキティキ」、「ディギディギ」です。

市販の教則本などにはよく「トゥトゥトゥ」という記述があるようです。これでも良いのですが、私自身はこの方法はとりません。

このタンギングで音を出した後に舌の先が口の中の前方付近に留まりながら舌の両端は下の歯の内側から離れてしまい、「テテテ」とか「ティティティ」ほどの安定感が得られないからです。

私自身は演奏する際には「エ」とか「イ」という形を保ちながら舌の両端は常に舌の歯の内側にくっつけておくようにしています。このことによってタンギングの際に舌が動く量を減らすことが出来るからです。

ただし、「エ」とか「イ」の口の形にすることによって音色が損なわれてしまう人もいるかもしれません。技術が上がってくると口の母音の形に影響されずに良い音色を出すことが可能になります。