吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

ぐぐぐ~っと思いを強くしてみる

2019-11-30 | 思うこと
昨日の管弦楽法の授業は我ながら良く出来たのだ。
90分の授業中のうち、教室から大学の図書館まで歩く時間、図書館カウンターで司書の方からオランダ語の辞書のありかを尋ねる時間などのロスが少しあったけれども、それはそれで学生諸君と歩きながら話ができたし、司書の方ともコミュニケーション出来たということで良しとしよう。

教材はビーズマン作曲「5つのスロバキア風小品集」より第1楽章。
無伴奏バスリコーダーのための作品。

これを学生諸君に聴いてもらいたかった。
まずやったことは楽譜の奏法解説(オランダ語)を皆で協力しながら解読。
これに時間がかかった。
そしてその後は実際の楽譜の最初のページで具体的にどのような奏法があるのかを読み解く作業。

そこでは音楽の歴史、語学、20世紀の音楽の特徴などなどとにかく話題がどんどん飛ぶのだけれども、これは大学という場で学ぶことの大きなメリットだ。学生諸君の話に僕が思わぬ方向から茶々を入れたりもするけれども、そういうのもまた楽しい。

そして図書館から教室に移動して僕の演奏。
この曲は僕のレパートリーのひとつなので意図的に楽譜に書いてないことをやったりもする。

解読できた部分は奏法解説と楽譜部分の最初の1ページだけだったが、とにかく最後まで演奏してみた。

::::::::::::::::::::::

思うに、楽譜を読み込む段階で曲に対する思いみたいなものがぐぐぐぐぐ~っと高まってゆくのではないだろうか。
そこで満を持して演奏。

この過程が良いのではないかと思うのである。

::::::::::::::::::::::

たとえばビールが好きな人が居たとする。

目の前にコップがある。

コップに好きなビールを注ぐ。

注いでもしばらくは飲まない。

まずじ~っと見る。コップを見る。コップを上から、横から、斜めから見る。ひたすら見る。

ビールの注がれたコップを見て、泡の感じ、喉をビールが流れる感じ、味そのものを想像する。

ビールの歴史、そして目の前にあるビールを作った人、運んできてくれた人、売ってくれた人に思いを馳せる。

とにかくビールを前にして、思いをぐぐぐぐ~~~~と高めてゆくのである。

そこで飲む。ぷはああああ!

ここまで思いを高めて飲むビールはもう普通のビールではないのである。
有り難みが違うのである。

こういうことなのではないかと思う。

鹿児島リコーダーフェスティバル2020、バルト・スパンホフ吉嶺史晴デュオコンサート

2019-11-30 | 2020デュオコンサート

2020年2月のデュオコンサートの準備が進んでいます。

フランダース・リコーダー・カルテット(1987-2018/FRQ)のバルト・スパンホフ氏をお迎えして加音ホール(鹿児島)、近江楽堂(東京)で演奏会開催します。 それぞれの独奏、そして二重奏で2種類のプログラムを準備しました。

::::::::::::::::::::::::::
プログラムI 「リコーダー、開けてびっくり玉手箱!」
加音ホール(鹿児島)2月11日 13時30分開演
近江楽堂(東京) 2月13日 17時30分開演

まずW.A.モーツァルトのソナタK.V.292から始まります。もともとはチェロとファゴットのために書かれた曲ですがここではアルトおよびテナーリコーダーによって演奏します。

続いてはバルト・スパンホフ氏による無伴奏のコーナーを設けてみました。テレマンやファンエイクなどおなじみのリコーダーレパートリーが新しい演奏解釈によって披露されます。

その後は中西覚「村の休日」組曲。特に第6楽章「土俗面」そして最後の「みんなでさわごう」に注目ください。この曲のまったく新しい側面をお届けします。

続いては吉嶺史晴のソロで無伴奏テナーリコーダーのための「阿修羅」を演奏します。先だって開催された東京リコーダー音楽祭で初演されたものの再演となります。

そして最後はサプライズ。候補としてはA.ヴィヴァルディのリコーダー協奏曲ハ長調、テレマン二重奏ソナタト短調、モンティの「チャルダッシュ」、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」廣瀬量平の「オードI」「アメージング・グレース」による変奏曲などです。

:::::::::::::::::::::::

プログラムII 「リコーダー音楽 500年の時空旅行」
加音ホール(鹿児島)2月11日 15時開演
近江楽堂(東京) 2月13日 19時30分開演

ここではルネサンス期から現代に至るリコーダー音楽の流れを概観しながらそれぞれの様式の特徴を存分に楽しんでいただきます。

まずT.モーリーのファンタジアを2本のルネサンスリコーダーで2曲。音楽のなかで緊張させる局面とそうでない局面を明確にするという原理は働いており、これが後に続くバロックへと受け継がれてゆきます。そのあたりのポイントを明瞭にという意図で演奏します。

続いてJ.M.オトテールの第1組曲からプレリュード、アルマンド、そしてシャコンヌです。2本のヴォイスフルート(バルト:F.モルガン製作、吉嶺:平尾重治製作)による演奏です。フランス風の優雅で理知的な雰囲気をお楽しみください。

そしてB.バルトークの44のヴァイオリンのための二重奏曲から2本のテナーリコーダーのために編曲したものを演奏します。ルーマニア、アラビア、ハンガリーの舞曲、そして民衆の歌や子供たちの踊りのための曲などが素材となった曲です。全部で7つの曲をまとめてひとつの組曲風にまとめてみました。スラップスタカートや同時に声を出す奏法などリコーダーならではの響きも取り入れてみました。このバルトーク作品は初演となります。

続いては吉嶺のソロによってJ.S.バッハの「シャコンヌ」BWV1004を無伴奏テナーリコーダーで演奏します。

プログラムIIの最後は吉嶺史晴作曲「カイIII」です。テナーリコーダー、バスリコーダーで演奏されることを意図し、この演奏会のために書き下ろしました。今回が初演となります。

プログラムI, プログラムII ともトーク込みで60分ほどの演奏会です。

皆様の御来場を心からお待ちいたします。

デュオコンサート・鹿児島リコーダーフェスティバル2020

クリスマスコンサート(鹿児島市 カトリック谷山教会 12月16日 入場無料)

2019-11-30 | weblog

19世紀ギターの濱田貴志さん、フルートの木村紀子さんとの共演でリコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバを演奏します。鹿児島日独協会主催の演奏会(入場無料)です。御来場をお待ちします。



12月16日の演奏会で使うヴィオラ・ダ・ガンバは原田哲さん製作(2013年)です。6年めになります。最近また鳴りが良くなってきました。今年3月に行われたマタイ受難曲全曲演奏会でもこの楽器を使いました。



中島美嘉「雪の華」リコーダー,ピアノ

2019-11-30 | 日常雑記
Nakashima Mika中島美嘉「雪の華」

鹿児島地方も寒くなって来ました。
テナーリコーダーとピアノによる中島美嘉「雪の華」です。

語法って何だろう?

2019-11-30 | 音楽制作覚書
作曲や編曲に欠かせないことのひとつ「語法」。
それにしても「語法」っていったい何だろう?
話し方のこと?

話し方が上手になればその人のスピーチにはより説得力が高まるのだろうか?

でもどうでも良いような中身のことを立て板に水で話されてもつまらない。
それでは話に説得力が生まれる以前の問題だ。
どうでも良いような話を聞かされるくらいなら家で寝てるほうが良い。

それでは説得力って何だろう?
こんなことを思うと音楽と言葉は似ている。

それはやっぱりコミュニケーションのひとつの形だ。

いつか大学の授業のなかで何かのおりに「ロミオとジュリエット」の筋書きの話になった。
「これはどんなストーリーですか?」と学生諸君に問いかけたらひとりが

「金持ちのぼっちゃんと嬢ちゃんが恋して死ぬ話」と言った。
実にきっぱりした口調であった。

確かにその通りなのだけれども、そう言ってしまうとまるでミモフタモない話に聞こえてしまう。
。。。。ということはやっぱり語り口は大事だ。
もしかしたら筋書きそのものよりもずっと大事なものだ。

かと言ってだんだん歳とってくるわけで今から新しい語り口を習得するのもやっかいではある。
というわけでとにかく弾いてみる。

今、やってるのはクラリネットとファゴットの曲をピアノで弾く練習。
1960年代の曲で、調性と無調の部分が巧みに混じりあっているのがカッコイイ。
クラリネットがまるごと移調して書いてあるのでちょっと骨がおれるけれども、とにかくやってみよう。

とにかく少しずつ語彙を増やすということ。
使える単語の数を増やしてゆくこと。

今日は

2019-11-29 | 日常雑記
今日は大学で授業のある日。
ひとつめは合奏(リコーダー)、ふたつめは管弦楽法というもの。
管弦楽法では、管弦楽に使われる楽器の用法や実際の特性など、それにまつわることを様々な角度から学べる。

今日はかつてバロックのオーケストラのなかにも例が見られるリコーダーについて。
ただし用法自体は現代的。

ということで20世紀のベルギーの作曲家がリコーダーのために書いた曲を教材として準備してみた。

特殊な奏法も使われていて解説もあるのだが全部オランダ語。
そこで学生諸君と一緒に普段の教室を抜け出して大学の図書館へ行った。

まずはオランダ語の辞書と首っ引きでリコーダーの特殊奏法を読み解いた。
この段階までで結構時間がかかってしまった。
直接辞書に載っていない単語は原型や過去分詞型などを教えてあげたら意外と学生諸君、オランダ語の解読もいけるではないか。

そこでまた教室に戻って今度はその楽譜に書いてある曲を学生諸君の前で演奏してみた。

楽譜を解読したのは最初の1ページだけだったけれども、とりあえず残りのページの分も演奏した。
バスリコーダーで演奏時間約6分程度。

これは自分で言うのも何だけれども良い授業だった。
まず、楽譜の解読をする時点で語学に関する話題が飛び交う。
もちろん20世紀の音楽語法やリコーダーの特性、音楽の歴史など縦横無尽の話題の展開。
ここまでは全く演奏はなし。ひたすら話あう。

図書館から教室までは天気の良いなか学生諸君と一緒に歩いて教室まで移動。
その間は軽く雑談(とは言え、授業時間なので授業に関する話題に限定)

最後に演奏。
この曲はもう自分の持ち曲になってしまっている曲なので音楽的な情報も伝えられたはず。

帰ってからしばらく自分の練習をして夜は温泉。

良い一日だったな!
皆さんに感謝しなければ!

1990年頃の写真

2019-11-28 | 2020デュオコンサート

フランダース・リコーダー・カルテット(FRQ)の1990年頃の写真が出てきました。
それぞれが持っているのは故ボブ・マーヴィン氏が製作したルネサンス・リコーダーです。
右からふたりめがバルト・スパンホフさんです。


鹿児島での演奏会前(フランダース・リコーダー・カルテット)

2019-11-28 | 2020デュオコンサート

フランダース・リコーダー・カルテット(FRQ)が活動休止に入る前に開催された演奏会のリハーサルの合い間の写真。鹿児島加治屋町教会にて。
左からふたりめがバルト・スパンホフさん。

即興演奏をするための方法

2019-11-27 | weblog
新しいリコーダー奏法に即興演奏をするための方法について記事を書きました。

発表会終了しました

2019-11-26 | weblog

鹿児島市のシティエラホールで開催された発表会は無事に楽しく終了しました。
有難うございました。