吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

今日は

2018-11-30 | 日常雑記
今日はFRQ鹿児島公演です。
午後、早めの時間帯に軽くリハーサルをして15時、19時の2回公演です。
お越しくださる皆様、関係の皆様、有難うございます!

今日はFRQと五重奏の練習

2018-11-29 | 日常雑記
朝が来ました。

今日はFRQと五重奏の練習です。
カプリオール組曲、ヴィヴァルディの「冬」、デルローストの「大陸」組曲の3曲です。

迎えに行く時刻まで少しあるので自分の練習をしたり、今日、明日に必要なものを準備したりします。
本番が近いのでここから先はマネージャー役と分担しながら進めます。


これは1997年です。


2016年です。

2018年、新しいページが加わります。そしてそれが最後になります。




あと1日、あと4日

2018-11-29 | 日常雑記
日付が変わって木曜日になったので鹿児島公演まであと1日、そして東京公演まであと4日。
今日は午前中FRQを空港まで迎えに行って、その後ホテルに皆を送った後ひとやすみして、練習します。

予定はこれだけですが、やっぱりその間、東京との打ち合わせは続きます。

自分の練習も隙間の時間を使いながら続けています。
昼間はブロックを抜いてウィンドウェイのなかを掃除したりしていました。

鹿児島公演には勤務先の大学で担当している合奏(リコーダー)の授業をとってくれている学生諸君が何人か来てくれるのでそれも嬉しいです。

鹿児島公演には長崎、福岡、宮崎、熊本、大分、兵庫、大阪、京都、石川と遠方から来て下さる方々もいらして気持ちが引き締まるところです。

明日のリハーサル打ち合わせ

2018-11-28 | 日常雑記
明日、FRQは鹿児島に到着して午後からリハーサルです。
今日は演奏会場で打ち合わせしてまいりました。
東京公演もありますので、そちらの連絡作業も同時に進めています。

自分の練習は隙間の時間を使いながらやっているところです。
ヴィヴァルディの協奏曲「冬」ではブレッサンモデルのアルトA=415Hzを使うのですが、鳴りも良いです。

前の日にどのくらい音を出したのか、その日の気温や湿度の状態はどうなのか、というような様々の条件によって木製リコーダーのコンディションは様々に変化しますので面白いです。

テナーも良い感じです。
最近はテナーを吹く時には可動式で微調整のできる「指かけ」を使っています。
良し悪しですが、楽器を落ちなくなる、という点ではラクになっています。

これから少し練習して、連絡事項を終わらせて今日は一区切りです。


11月30日フランダース・リコーダー・カルテット鹿児島公演(110席限定)

2018-11-28 | FRQ
15時開演分、19時開演分ともチケットは完売しました。有難うございました。




2018年12月3日(月曜日)フランダース・リコーダー・カルテット東京公演

2018-11-27 | FRQ
12月3日はフランダース・リコーダー・カルテット東京公演です。東京文化会館チケットサービス、イープラス、ギタルラ東京古典楽器センターでチケット発売中です。
フランダース・リコーダー・カルテット日本最終公演2018"The Final Chapter" に詳しい情報があります。


ひと段落

2018-11-27 | 日常雑記
今日の練習、ひと段落しました。

11月30日、12月3日の演奏会ではJ.S.バッハのシャコンヌを演奏するのですが、今日、時間を測ってみました。

音楽的におかしくなさそうなギリギリの速いテンポで12分半。
ギリギリの遅いテンポで15分。

速くも遅くもそれなりに音楽としての形になっているのはもともとの曲自体が良く出来ている証拠なのでは、と思ったりしているところです。

その時よっては速くなったり遅くなったりするので、練習の時にはどちらにも対応できるようにしています。

明日は11月最後の教室のレッスンです。その後は鹿児島公演の会場に行って最後の打ち合わせです。
明後日の木曜日、午前中にはFRQ鹿児島入りしてリハーサルです。

FRQの公演のマネジメントをしながらここまで来られて、その間、多くの方々に助けられて本当に有り難いことでした。公演が終わるまではしっかり気を引き締めてゆきたいと思います。

台湾公演の様子など11月27日

2018-11-27 | FRQ

台湾公演リハーサルの様子。写真左端のポールさんだけリラックスして携帯電話を見ているようです。。。


台湾公演、演奏後のサイン会の様子。




あと3日と6日

2018-11-27 | 日常雑記
鹿児島公演まであと3日、東京公演まであと6日。
明日は教室でレッスンなので今日はまる1日、自分の練習に使える最後の日です。

午前中はヴィヴァルディの「冬」を練習しました。
ソロのパートなので自由に出来るところとそうでない箇所の区別を練習の段階からしっかり区別しておきます。

少しひとやすみしてから午後はカプリオール組曲や「大陸」組曲の練習をします。

カプリオール組曲は和音の作りも面白いので、リコーダーの練習だけではなく、鍵盤楽器に向かって分析したり、そんなこともしています。

和音の分析してもリコーダーが上達するわけではないのですが、それはそれとして、いろいろなこと少しずつ、少しずつやってみます。

演奏会ではアンコールで何をやるか全然わからないのですが、出来れば1曲くらいは私もアンコールに参加させてもらったら嬉しいと思っています。

鹿児島公演では勤務先の大学で合奏(リコーダー)という授業を担当しているところの学生さんが二人、聴きに来てくれることになっていてそれがとても楽しみです。二人とも声楽専攻です。

こういうところから、リコーダーに対する新しい認識が少しずつ世の中にひろまってくれたら嬉しいかぎりです。

これからまた練習します。

東京では少しだけ自由な時間があるので、それも楽しみです。

東京での宿泊先は上野のホテルなのですが、近くに卓球できる場所ないかなあ、なんてそんなこと考えています。

2016年にFRQのバルトさんと一緒にイギリスで講習会して、そこにあった卓球台で一戦まじえたのですが、こてんぱんにやられました。

こんな感じで試合してみたのでした。ちなみに向こう側がバルトさん。手前は講習会参加者の人。私は審判しています。

バルトさんはサッカーファンで観るのも好きですが、自分でも時々アマチュアチームでサッカーしてるようです。普段はサッカーしていて卓球は全然していないのです。私は毎週かならず体育館で卓球を練習しているのですが、それでもやられてしまったのでした。

いつかこの借りを返せる時が来ないかな、と思っています。


あと4日、あと1週間

2018-11-26 | 日常雑記
FRQ鹿児島公演まであと4日、東京公演まであと1週間になりました。
諸々の事務的な作業を進めながら自分の練習をしたり、生徒諸君のレッスンの教材を作ったりしています。

FRQは今、台湾に居るようです。
台湾の国立の大きなコンサートホールでFRQ演奏会が開催された模様です。

その後、日本です。木曜日に鹿児島入りです。
空港まで出迎えに行って早速ホテルにチェックインしてもらってひとやすみ。
その後は早速リハーサルです。
カプリオール組曲も、ヴィヴァルディの「冬」も、デルローストの「大陸」組曲も以前、五重奏として演奏したことのある曲なのですが、しばらく前なのでもう一度、新しい気持ちで練習します。

ヴィヴァルディでは私がソロのパートなのでしっかりやりたいと思います。

1日、1日が過ぎるのが早いので、4日間も1週間もあっという間に過ぎるのだと思います。
それではまた少しずつ前進します。

鹿児島公演19時開演の分は完売しましたが、15時開演のチケットはあと3枚残っています。
東京公演のほうもよろしくお願いいたします。