吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

すごく鳴っている音、そうでない音

2015-02-04 | リコーダー奏法
楽器の練習を始めて最初の段階は全部の音をなるべく「鳴っている状態」で出すようにする。
これ、基本的なことだ。

でも演奏会でやるような曲目を演奏するのに最初から最後まで全部の音がものすごくでっかい音でがんがん鳴っているような状態というのはこれはちょっとありえない。

それは音楽的な側面からすると、全部の音が小さくて鳴ってない状態なのと同じことだ。

実際の音楽ってそういうものじゃない。
そういうものであって良いはずがない。

リコーダーはアーティキュレーションで表現する楽器だと言われる。
だからといって音量の変化が全然なくても良いとか、そういうことでは全くない。