吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

有難うございました

2020-02-15 | 2020デュオコンサート

近江楽堂(東京)


加音ホール(鹿児島)

鹿児島、東京でのワークショップ、演奏会は無事終了しました。
バルト・スパンホフさんから「日本の聴き手、リコーダー愛好家の皆さんは本当に素晴らしい」との御言葉をいただきました。
参加された方々からも「参加して良かった」、「時間があっという間だった」、「また企画してください」とのメールを多数いただきました。

有難うございました!

以下、御来場の方からのメールを紹介いたします(引用許可済み)

> 先日の近江楽堂、大変楽しく聴かせていただきました。
> FRQの水準を支えた名手スパンホフさんのさりげなく奏する技法もさることながら、
> 相変わらず吉嶺先生は上手い!
> そしてコンサート全体は暖かく楽しい流れで、聴衆の皆さんも喜んでおられたはずです。
>
>  さてシャコンヌの事、小生は下手なりに縦笛を吹く者として、この曲のどの音が出し難く、
> また引っかかりやすいかはある程度察してますが、以前聴いた先生の演奏ではこの数々の
> 難所を実に丁寧に(かつ時には技量で押さえ込んで)演奏されていたと記憶しています。
> それが今回は何というか、かなり自在に(またある時は楽器の反応をそのまま現しつつ)、
> 「ここはこう吹きこんでゆくぞ〜」の意思に任せ、テンポ良く鳴らしている感がありました。
> これはある意味で「吉嶺流のやや枯れたシャコンヌ」の登場であり、感動しました。
>
>  古典芸能で言う「守・破・離」に例えれば、自由自在に形を崩し演じる「離」に近づきある
> シャコンヌの兆を、小生は勝手に感じたのですが、これぞ吉嶺先生にしか演奏できないものであり、
> 願わくば今後は更により自在さを増され、独自の曲になさってゆかれるのが楽しみです。


共演いただいたバルト・スパンホフ氏よりメッセージいただきました。
I will never forget this beautiful concert in Tokyo Opera City hall. It was a joy and great honour to be in Japan and to perform four concerts with Fumiharu Yoshimine. His new composed piece "Kai 3" is an enrichment for the recorder repertoire. I have the best memories to Tokyo, Kagoshima and Taiwan. What a beautiful start of 2020!
この記事についてブログを書く
« いよいよ明日は | トップ | リコーダープロジェクトかご... »