吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

FRQのバルト・スパンホフ氏によるワークショップ  「カプリオール組曲」

2020-02-05 | 2020デュオコンサート

”フランダースの風”デュオコンサート開演前の時間を使ってフランダース・リコーダー・カルテット(FRQ:1987~2018)バルト・スパンホフ氏によるワークショップを開催いたします。

今回ご案内いたしますワークショップの曲はP.ワーロック「カプリオール組曲」です。

ワークショップの講師はバルト・スパンホフ氏、もし必要があれば通訳を吉嶺史晴がいたします。

日時:2020年2月13日  15:30分から16:30分

場所:近江楽堂

参加費:
通しチケット購入の方:無料
プログラムIあるいはプログラムIIのどちらかの購入の方:3,000円

聴講:
通しチケット購入の方:無料
プログラムIあるいはプログラムIIのどちらかの購入の方:1,000円

参加御希望の方はそれぞれ演奏可能な楽器、パートの希望を第1希望から第3希望まで教えてください。

楽譜は吉嶺音楽事務所にて準備いたします。
(チケット購入の皆様限定のワークショップです)
現在8名の方から参加申し込みいただきました。
引き続き募集中です。

連絡先puchimomo@waltz.ocn.ne.jp


この記事についてブログを書く
« 無伴奏テナーリコーダーのた... | トップ | FRQのアンサンブル技法に... »