吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

ぐぐぐ~っと思いを強くしてみる

2019-11-30 | 思うこと
昨日の管弦楽法の授業は我ながら良く出来たのだ。
90分の授業中のうち、教室から大学の図書館まで歩く時間、図書館カウンターで司書の方からオランダ語の辞書のありかを尋ねる時間などのロスが少しあったけれども、それはそれで学生諸君と歩きながら話ができたし、司書の方ともコミュニケーション出来たということで良しとしよう。

教材はビーズマン作曲「5つのスロバキア風小品集」より第1楽章。
無伴奏バスリコーダーのための作品。

これを学生諸君に聴いてもらいたかった。
まずやったことは楽譜の奏法解説(オランダ語)を皆で協力しながら解読。
これに時間がかかった。
そしてその後は実際の楽譜の最初のページで具体的にどのような奏法があるのかを読み解く作業。

そこでは音楽の歴史、語学、20世紀の音楽の特徴などなどとにかく話題がどんどん飛ぶのだけれども、これは大学という場で学ぶことの大きなメリットだ。学生諸君の話に僕が思わぬ方向から茶々を入れたりもするけれども、そういうのもまた楽しい。

そして図書館から教室に移動して僕の演奏。
この曲は僕のレパートリーのひとつなので意図的に楽譜に書いてないことをやったりもする。

解読できた部分は奏法解説と楽譜部分の最初の1ページだけだったが、とにかく最後まで演奏してみた。

::::::::::::::::::::::

思うに、楽譜を読み込む段階で曲に対する思いみたいなものがぐぐぐぐぐ~っと高まってゆくのではないだろうか。
そこで満を持して演奏。

この過程が良いのではないかと思うのである。

::::::::::::::::::::::

たとえばビールが好きな人が居たとする。

目の前にコップがある。

コップに好きなビールを注ぐ。

注いでもしばらくは飲まない。

まずじ~っと見る。コップを見る。コップを上から、横から、斜めから見る。ひたすら見る。

ビールの注がれたコップを見て、泡の感じ、喉をビールが流れる感じ、味そのものを想像する。

ビールの歴史、そして目の前にあるビールを作った人、運んできてくれた人、売ってくれた人に思いを馳せる。

とにかくビールを前にして、思いをぐぐぐぐ~~~~と高めてゆくのである。

そこで飲む。ぷはああああ!

ここまで思いを高めて飲むビールはもう普通のビールではないのである。
有り難みが違うのである。

こういうことなのではないかと思う。
この記事についてブログを書く
« 中島美嘉「雪の華」リコーダ... | トップ | 女声合唱を聴いた »