吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

去年の暮れから

2020-01-12 | 日常雑記
去年の暮れから掃除と棚作りが趣味のようになってしまっています。。

棚作りで空間を広く使うためには「壁裏探知機」という道具を使って壁板の向こう側をさぐって木ねじが効く場所なのかどうか、確かめます。
木ねじの効く場所に狙いを定めてL字型の支えを取り付けてその上に棚をのせる、という寸法です。
これで空間が広く使えるのでお勧めです。

まだ寒い時期が続くので教室の床には電気じゅうたんを敷いているのですが、もう少しして暖かくなるとそのまま木のフローリングになります。

モノが少ないと小さなステージがその場に現れるような感じも少しあって、なかなか良いです。

明日は薩摩半島の南の方までリコーダー指導に行って来ます。
少しずつで良いから、ここ鹿児島の地でもリコーダーが楽器として認められてゆくようになれば嬉しいです。
2月のデュオコンサートも、だんだん近くなって来ました。

今日の南日本新聞の文化面に2月のデュオコンサートのお知らせ記事が掲載されました。
有難うございました。
この記事についてブログを書く
« 今日は初レッスンでした | トップ | とにかく掃除と片付けをしな... »