吉嶺史晴のブログ

リコーダー奏者吉嶺史晴のブログです。演奏活動ならびに鹿児島市で音楽教室を運営しています。

ぐぐぐ~っと思いを強くしてみる

2019-11-30 | 思うこと
昨日の管弦楽法の授業は我ながら良く出来たのだ。
90分の授業中のうち、教室から大学の図書館まで歩く時間、図書館カウンターで司書の方からオランダ語の辞書のありかを尋ねる時間などのロスが少しあったけれども、それはそれで学生諸君と歩きながら話ができたし、司書の方ともコミュニケーション出来たということで良しとしよう。

教材はビーズマン作曲「5つのスロバキア風小品集」より第1楽章。
無伴奏バスリコーダーのための作品。

これを学生諸君に聴いてもらいたかった。
まずやったことは楽譜の奏法解説(オランダ語)を皆で協力しながら解読。
これに時間がかかった。
そしてその後は実際の楽譜の最初のページで具体的にどのような奏法があるのかを読み解く作業。

そこでは音楽の歴史、語学、20世紀の音楽の特徴などなどとにかく話題がどんどん飛ぶのだけれども、これは大学という場で学ぶことの大きなメリットだ。学生諸君の話に僕が思わぬ方向から茶々を入れたりもするけれども、そういうのもまた楽しい。

そして図書館から教室に移動して僕の演奏。
この曲は僕のレパートリーのひとつなので意図的に楽譜に書いてないことをやったりもする。

解読できた部分は奏法解説と楽譜部分の最初の1ページだけだったが、とにかく最後まで演奏してみた。

::::::::::::::::::::::

思うに、楽譜を読み込む段階で曲に対する思いみたいなものがぐぐぐぐぐ~っと高まってゆくのではないだろうか。
そこで満を持して演奏。

この過程が良いのではないかと思うのである。

::::::::::::::::::::::

たとえばビールが好きな人が居たとする。

目の前にコップがある。

コップに好きなビールを注ぐ。

注いでもしばらくは飲まない。

まずじ~っと見る。コップを見る。コップを上から、横から、斜めから見る。ひたすら見る。

ビールの注がれたコップを見て、泡の感じ、喉をビールが流れる感じ、味そのものを想像する。

ビールの歴史、そして目の前にあるビールを作った人、運んできてくれた人、売ってくれた人に思いを馳せる。

とにかくビールを前にして、思いをぐぐぐぐ~~~~と高めてゆくのである。

そこで飲む。ぷはああああ!

ここまで思いを高めて飲むビールはもう普通のビールではないのである。
有り難みが違うのである。

こういうことなのではないかと思う。

演奏技術はバロック作品で養う

2019-11-20 | 思うこと

リコーダーやヴィオラ・ダ・ガンバのような楽器の場合、基本的な演奏技術はバロック作品で養う、という態度。

もし現代的な曲を自分自身で作ったり、あるいはまた演奏するような機会があるとしても、その際にはバロック作品によって得られた演奏技術が役立つ。

現代的なものを志向する奏者にとっては当然と言えば、当然のことだけれども、問題はそのバロック作品があまりにも美しすぎる時。

昨日の練習でオトテールのト長調の組曲からアルマンド、ロンド、メヌエットをやった。
そのなかの4分の3拍子のロンドがあまりにも美しすぎて困った。

19世紀ギターとトラヴェルソの音とガンバの音が渾然一体となって、自分で言うのも何だけれどとにかく良かったのだ。

今、水曜日の朝の3時ごろ。
少し早く目が覚めてしまった。
今日は今取り掛かっているガンバのための新曲をまた進めてゆきたいのだけれども、昨日のオトテールの曲の余韻が強すぎてちょっと困った。

こういう時、どうしたら良いのだろうと思う。
他の作り手の皆さんはどうしてるのかな。

ああ、そうだ、作曲してる時は他の作曲家の曲は聴かない、と公言している人もいたな。
僕の場合はそうもゆかないので、とにかく切り替えをうまくしなければ。

今書いている曲、マレやオトテールの曲からすると、和音の美しさに乏しい。
でも21世紀の音楽だから・・・ちょっとだけ言い訳しても良いことにするのだ。
バロック的な和音の美しさはないけれども、21世紀の日本的な美しさならあるかも。。。

でも、もし今から出来る曲を聴いてくれる人がいてもこんなこと些細なことなんだろうな。
よし、今日も書き進めてゆこう!

なんだか結構、寒くなって来た。
身体が冷えると、いろいろ大変だからちょっとずつ暖かくしながら前進あるのみ。




縁のこと

2019-08-30 | 思うこと
つながるべき人とはつながって、切れるべき人とは切れる。
これが縁の働きだ。

自分で制御できることと、そうでないことを区別すること。

少なくとも自分が書く言葉、話す言葉、それらは自分自身で制御できるはず。(いつも堅苦しくて礼儀正しい言葉を使わなきゃいけない、とかそういうことではなくて)

その人の言葉の使い方、そしてその人のまわりに働く縁の働き、うまく表現できないけれど、ここには何らかの関係がある。

2019年、夏の終わりがだんだん近づいて来ているのだ。

どこにでも「学校」があったり、「先生」がいたりする

2019-05-29 | 思うこと
どこにでも「学校」があったり、「先生」がいたりする。

こんな立場で世の中を見てみたら面白いなと思う。

あとはやっぱり、自分がその時、取り組んでいることは「練習」だと思ってやってみる。

作曲をしている時には「作曲の練習」。誰かと雑談をしている時には「雑談の練習」。ホームーページを作っている時には「ホームページを作る練習」みたいな・・・・

でも最後には歳とって弱くなってこの世からはサヨナラ、ということになるのだけれども、それはもう避けられないから、それまでの期間限定のことでしかないのだけれども。

でも期間限定であっても、少なくとも同じ時代を生きている皆さんに何か少しでも良いものを紹介したり、伝えたりすることは出来るわけなので、そのあたりのところはちゃんと取り組むこと。

というか、これもまた「取り組む練習」というな感じであまり重過ぎずに捉えてみる。

というか、「捉えてみる練習」みたいな・・・・

2019年5月29日
教室の発表会を終えて思うこと

不思議なこと

2019-05-22 | 思うこと

子供の頃は不思議に思えることが多かった。というか、世の中は不思議だらけだなあ、と心底、思っていたのだった。

例えば、何故テレビが映るのだろう?とか、何故ラジオから声や音楽が聴こえるのだろう?とか、そのよなこと。電話も不思議だったし、冷蔵庫も、自動車も。楽器のつくりとか。とにかくあらゆることが不思議だった。

なかでもそのような不思議なものをどんどん作り出してゆく大人というのはいったい何者なんだろう?と子供の頃はずっと考えていたような気がする。

というかやっぱり大人という存在を子供心に尊敬していたのだろうと思う。

でも今はどうだろう。自分が歳をとってしまって不思議なことに対する感受性、落ちている。
でもよくよく考えてみれば数学や物理学をちゃんとやったわけでもないから、今だってテレビが映る理由なんてわからないままなのだ。

天動説から地動説になった、というのは頭ではなんとなく理解できても、それ以上のことは表面的にしかわからない。

子供からちょっと時がたって、だんだんオトコとオンナということに興味の沸く年代になってくると俄然、この世の中のオトコ以外の人間、つまりオンナというものの存在が気になって来たのだった。

見た目が可愛いとか、ふんわりしてるとか、そういうことに加えて、特に高校時代にとても気になっていたのが「何故、女の子はものすごく小さな弁当箱でちょっとしか昼御飯を食べないのだろう」というものだった。

男女共学で同じクラスにはオトコの子もいたから格好つけてわざと小食なふりしてるのか、と思ったりしてもみたけど、どうやら本当にちょっとしか食べなくても大丈夫なようだった。

コンビニに売っているような本を見てみると、男と女では脳の構造が違うから、考えかたや感じ方が違うのは当然ということになっているらしい。

こういうのは不思議と言えば不思議なのだ。

生まれて死ぬ、というのもやっぱり不思議だ。死なない人は居ない、ということを考えてみると、少なくともこのブログを書いてる僕も、読んでいる方々も、そのほとんどは100年以内には必ず死ぬだろう。僕を含めてある程度の年配だったら、もう、それは50年以内とか、40年、もしかしたら30年以内とか20年以内、もっと短いかもしれない。

今日、ちょっとだけ用事があって、高校時代の同級生と話をした。
同じクラスの女の子、知らない間に亡くなってたらしい。
その子のお父さんのこと、僕は一方的に存知あげていて、自分よりも早く娘を亡くした父親の気持ちはどうだったかと思うと、もうなんだかどうしようもなくなって来てダメになりそうだった。

こういうのは不思議だけれど、でももうどうしようもなくて、もう本当にどうしようもない。

歳とると、いろいろなことが不自由になって来る。
若い頃みたいな風にゆかなくなる。

演奏者の場合だと演奏技術もそうだし、体調とか、いろいろ。

でもそんななかでも少しでも良い音楽したい。24日の演奏会、少しでも良い音楽したい。
僕の力量不足でチケットの売れ行きはいまひとつに終わるかもしれない。
終わるだろう。

でもそんななかでも少なくとも御来場の方々にとって良い音楽だったと言ってもらえるような演奏したい。

時々、自分で自分自身を見て、不思議だなと思う。いつまでも音楽にしがみついてて。そんなにすごい才能があるわけでもないのにしがみついてて。

でもすごい才能じゃなくても音楽できる。
世界の舞台で、とか、そういうのは僕の場合はもう夢みたいなものだった。
今ではもう田舎の音楽の先生だ。

でも田舎の音楽の先生だから良い演奏できないとは限らない。
世界のプロにはかなわないかもしれないけれども、田舎の先生にしか出来ないような演奏が出来たら、それはそれで良い。

仕事柄、音楽理論の講義を

2019-05-18 | 思うこと
仕事柄、音楽理論の講義をさせてもらう機会があるのですが、その度ごとに反省します。
項目のひとつは「今回の授業では学生諸君に対して、どれだけ自分が質の高い質問をすることが出来たかな」というものです。

ただ一方的に情報を伝えるだけではなく、考えてもらうことによって授業が活性化します。

演奏会もそのような側面があったら、良いだろうな、と夢見ます。

演奏会の場合にはお客さんに対して、言葉で何かを質問する、ということではないのですが、音でそのような働きをするような、そんなことが出来たら、と思ったりしています。

ただ「上手だったなあ」「綺麗な音だったなあ」で終わるような演奏会ではなく、聴き手の方々に何か大きなクエスチョンマークが残るようなそんな演奏会、目指したいです。

企画・制作をしながら自分の練習をするのはなかなか負担の多いもので、僕などは自分のチカラ不足も感じます。

こんな時、やっぱり昔、教えてもらった言葉を思い出します。メモ書きを取り出して読み返したりします。そんな中に、「待つココロ、大事なんだよ」というような言葉があったりします。「自分のことをまるで他人を眺めるように見てみること」というのもあったりします。

「出す音が変わると人生が変わる」とか。。。

数は多くないのですが、私の演奏をずっと聴き続けてくださる方がいらっしゃるので、その方々のためにも良い演奏したいと思います。経験を重ねたら強いココロが持てるかな、と若い頃は思っていたのですが、見た目はどんどん歳をとるのに中身はてんで青二才みたいな感じなので、仕方ないなと思います。

この間、鹿児島でマタイ受難曲の演奏会の後、ハガキもらいました。
ずっと僕の演奏会に来てくださる方からでした。「ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏よかったです」と書いてありました。

勢いのある筆の字で書いてあって、そこには同じく筆で描いたヴィオラ・ダ・ガンバの絵がありました。
5月24日の演奏会までもうあと少しになりました。





二人いたら二重奏

2019-04-20 | 思うこと
二人いたら二重奏、そんな形があれば良いなあといつも思っています。
今日は教室でのレッスンです。
発表会も近くなって来ました。
生徒の皆さんはソロに加えて、アンサンブルも練習中です。

持ち運びが便利と言えば、リコーダーだけではなくフルートやクラリネット、ヴァイオリンのような楽器もそうです。脳の活性化も期待できそうです。

言葉で言うのは簡単なのですが、そのためにはやはり練習が必要です。
まずちゃんとした音を出せるようになることや、それなりの水準を備えた楽譜を読む、というためには相応の訓練が必要になります。

愛好家の方々のためのレッスンという場においては、やはり職業的な演奏者や指導者が必要とされます。
特に最初の段階ではレッスンを受けることにより効率的な上達が期待できます。

今日はソロ、二重奏、三重奏、そして四重奏です。
鹿児島市の教室でリコーダーや音楽理論のレッスンしています。

二人いたら二重奏、ささやかですが、そんな在り方が少しずつひろがってゆきますように。
それではレッスン行って参ります。


永遠の課題

2019-03-12 | 思うこと
時々、卓球をしている。そのなかで上手な人と話をしたりするなかで出て来た言葉のひとつ「永遠の課題」。

その人にとってはサーブとレシーブ、これが卓球をするうえでの永遠の課題なのだそうだ。ゲームが始まる時に相手から来たサーブを受けられなかったらもうそこでポイントとられてしまうし、自分が甘いサーブを出してしまって相手から強打されたらそこで終わってしまう。

それらの出来次第ではゲームそのものが成り立たないということだ。

それでは演奏における「永遠の課題」とは何だろう?

音を出すという点における技術は自分ひとりで練習していると何とか形にはなるけれど、いざアンサンブルのなかで弾いたり、指揮者の元で演奏する場合は違う。

この場合だとその時々によって変化する相手にいかに合わせられるか、ということが最終的な仕上がりに大きな影響を与えるのは間違いない。

準備が足りていない場合、ひとりで練習していただけだとうまく行っているようにみえた箇所がいざアンサンブルになると全然ダメだったりする。

でもそれはアンサンブルになったから突然弾けなくなってしまうということではなく、実はひとりで練習していた際にもその仕上がり具合に問題があったということだ。

演奏の場合だと仕上がりが悪い際にいろいろな言い訳をしたくなる。

■相手がいつもと違うテンポにしたから
■打ち合わせじゃない箇所でテンポが変化したから
■相手がピッチをあわせてくれなかったから
■楽器の調子が悪かったから
■前の日によく眠れなかったから
■ズボンがきつくてなんだか弾きにくかった
■楽譜が見えなかった
■会場の響きが少なすぎた
■会場の響きが多すぎた

でも、こういうのは全部、仕上がりの悪い原因を自分以外のなにかになすりつけているだけだ。
テンポやその他いろいろなことに打ち合わせとは違うことが起きてもそれはその場で対応できれば済む話なのでズボンがきつければやせるとか、大きなズボンはけば良いだけだ。

こういうことを思うにつけて、演奏における「永遠の課題」というのはとりあえず今の時点ではふたつ。

■自分で出来る練習は自分でしておくこと
■本番での音楽的な変化に対応できること

とりあえず、このあたりのところ。

ただし、自分で出来る練習というのは実際には本番を想定した状態でやっておく必要があるわけなので自分の限界よりも速いテンポでも弾けるようにしておく必要があるし、想定外の変化するようなテンポであってもその場で対応できるような準備が必要。

しかもテンポの変化は必ずしも予想されるようなものではないかもしれない。
そういう状況であっても自分自身を対応させられるだけの構え。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

補足:
自分の限界よりも速いテンポでも練習する際には「鳴り」が犠牲になる。
これは「鳴り」を絶対的に重視する立場からは失格。
しかし視点を変えてみるならば程度の多少の差はあってもこのような立場も成り立つはず。

さらに考えを進めて「鳴り」が犠牲になっているのか、どうなのか、聴き手にわからせないようなギリギリのポイントを狙うということは表現の在り方として成り立つ。

さらにここから考えを進めるとその奏者が上手なのか、下手なのかわからない、と言う点において聴き手の興味を刺激するという点でも有効に働く可能性あり。

2019年2月25日

2019-02-25 | 思うこと
サッカーの試合などで「アウェイ」と「ホーム」という区別をすることがあります。
このことからひとつアイディアが浮かびました。

「思い」というのは今の科学では数値で測定することは難しいのでしょうが、強さがあるのではないか、ということ。
「ホーム」の試合で選手たちが地元のサポーターから応援を受けてチームに勢いが出るというのは何か、このようなことが反映されているのでは。

もうひとつのアイディアです。
まだうまくまとまっていないのですが、「思い」は時空を超えることがあるのではないか、ということです。

例えば大事な試合を控えた選手やコーチ、あるいは選手の家族やサポーターはその試合の数ヶ月前あるいはもしかしたら数年前からその日の試合のことを思ってその日のその選手の活躍に期待を込めます。

ということは実際に試合で戦う選手たちはその試合のリアルタイムのサポーターだけではなく、それに加えて過去から来る「思い」のチカラも受けながら戦うということになるのでは。

このようなアイディアが浮かびました。

あるいはその試合が終わってしまったら、その試合はすでに過去のことになってしまうので、過去の時点からその試合の時に向けて「思い」を発信するということも出来るかもしれません。

スポーツ選手の場合は試合というものがその競技歴のなかで欠かせないものなのですが、演奏者の場合はやっぱり演奏の機会ということになります。

熟達した奏者もそうでない奏者もそれぞれ、その人なりに懸命な準備を重ねて演奏の機会に臨むわけです。

うまく行く時は良いのですが、そうでない時はもう泣きたくなります。
それまでやって来た努力みたいなものが全部、水の泡になってしまうようなそんな時もあります。

でもそれでももしかしたら、そんな時であっても未来から、あるいは過去から「大丈夫だから、なんとかなるから、ちょっとずつで良いから前進できるよ」というような思いが実は届いているのだとしたら、それは救いになるのでは。。。。そんなことを考えてみました。

ひとりでかかえ込むには大きすぎる失敗にひとりで直面しようとする時でも。

昭和の喫茶店

2019-02-15 | 思うこと

喫茶店が好きだ。
楽譜を書いたり、練習したりするのに頭も身体もどうしようもなくなった時によく行く喫茶店があった。
店のなかはタバコと珈琲と古い埃がちょっとだけ混じったようなそんな空気の店だった。

喫茶店というからには客のテーブルがなければいけないのだが、普通の喫茶店風のこじんまりしたテーブルに混じって動かなくなったゲーム機(それも1970年代、80年代風とおぼしき!)もあった。

「このゲーム機、動かないんですか?」と尋ねたことがあったが50代風とおぼしき髪の毛の量の少ない男の店主は「すみませんねえ」と言った。

スピーカーも古そうだった。高度成長期のものと思しき立派な外見に似つかわしくない小さな音量で昔の歌謡曲が流れていた。

かといって「昭和」の郷愁を売り物にするわけでもないところが好きだった。

狭くもなく広くもないその店にはテーブルが10個あまり並んでいた。
客が沢山居た、という記憶はない。
僕だけか、あるいは他に1組の客がいるか、いないか、そんな感じだった。
その喫茶店はその店主が道楽でやっていただけのものだったのかもしれない。

時々、その店で店主が作ってくれる「白身フライ定食」とか「ミックスフライ定食」、「しょうが焼き定食」というのが好きで、練習の合間に食べたりしてた。動かなくなったゲーム機の上で食べる喫茶店の御飯はなかなか美味なのだった。
実際に美味しかった。

珈琲は350円だった。定食と一緒に珈琲たのむと安くしてくれた。

漫画本も沢山おいてあって「がんばれ元気」というボクシング漫画のなかに登場する「芦川先生」というヒロインの圧倒的な美しさに参ってしまったのもこの店だった。

それまで漫画のヒロインは手塚治虫が一番だと思っていたが、この芦川先生は圧倒的だった。

この店を見つけてからかれこれ4.5年は通っていた。
顔なじみになっていたはずだけれど店主と親しく話しをするわけでもなく、その点も居心地が良かった。

店主も僕に必要以上に話しかけてくることはなく、僕も彼に話しかけなかった。
鹿児島にも良いとこあるんだよなあ、と思って僕はその店に行って珈琲飲んだり、漫画みたり、時々美味しい御飯食べたりしてた。

ある時、店の前に貼紙があった。
「都合により閉店します。御愛顧ありがとうございました」というようなことが書いてあった。
突然だった。

店がなくなってから、もうどのくらいたつだろうかな。

どんどん時が流れてゆくのだ。

また今年の桜の季節もやってくるのだ。