感染予防 inch by inch

感染予防について勉強したこと、考えたこと

このブログを読んでくださるかたへ

このブログは、主に医療機関における感染予防に携わる方との情報共有を目的として開設しています。記事の内容はブログ主の個人的見解に基づくものであり、ブログ主が勤務する病院の現状や見解を反映するものではありません。感染予防に関するご相談やお問い合わせには回答できないことがありますのでご了承ください。リンクはご自由にどうぞ。

書籍のご案内

2018年12月07日 | 感染予防の体制
感染対策ビギナーが是非読まれるとよいと思われる4冊をご紹介します。 また「基礎から学ぶ医療関連感染対策―改訂第2版 標準予防策からサーベイランスまで」は現在在庫切れですが、改訂第3版が来年2月ごろに出ますので、あらためてご紹介できればと思います。 感染症疫学―感染性の計測・数学モデル・流行の構造 著者:ヨハン・ギセック(山本太郎、門司和彦訳) 単行本: 241ページ 出版社: 昭和堂 (20 . . . 本文を読む
コメント

感染対策に関する解説を書いてみませんか

2018年12月06日 | 感染予防の体制
現在月に1~2本ですが、感染対策関連の原稿を執筆しています。 面倒なときもありますが、原稿執筆の作業は非常に勉強になります。 毎回「こんなこと知らなかったよ」という発見があります。 知識が整理され、欠けていた部分が埋まるので、理解も深まります。 今度試してみたいと思うアイディアもわきます。 そこで、感染対策ビギナーの方々にはぜひ、興味のある感染対策について解説する原稿を書いてみることをお勧めし . . . 本文を読む
コメント

医療従事者にインフルエンザワクチン接種を勧める文章

2018年12月03日 | 飛沫予防策
今年もインフルエンザワクチンの入荷遅れにより、医療従事者の接種が終わっていない病院があるかと思います。 病院職員に対して、インフルエンザワクチンを積極的に接種するよう呼びかける案内文をポストします。 よろしければ、ご自由にアレンジしてお使いください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 職員各位 積極的なインフルエンザワクチン接種にご協力ください。 ワク . . . 本文を読む
コメント

これから感染管理を始められる臨床医の方へ

2018年11月30日 | 感染予防の体制
これまで臨床医をやってこられた方から、初めて感染管理に関わるのでいろいろ教えてほしいとのご依頼を何度かいただいたことがあります。大変光栄なことなので、その都度できる限りの支援をさせていただいています。 その際、一般的な感染管理業務や推奨される対策などについてお伝えするのですが、それ以外に知っておいていただきたいことがあります。それは、感染管理は、検査をオーダーすると結果が出てくる、あるいは薬を処 . . . 本文を読む
コメント (2)

入れ墨(タトゥー)の感染リスク

2018年11月26日 | 標準予防策
今月のClinical Infectious Diseasesに、米フロリダ州で発生した入れ墨(タトゥー)関連の非結核性抗酸菌(NTM)皮膚感染症の集団発生(n=38)の報告が掲載されています。感染源はNTMで汚染されたインクと希釈用の水道水と考えられています。 こちら→■ タトゥー関連のNTM皮膚感染症は過去にも報告されています。 こちら→■ タトゥー用インクの細菌・真菌汚染は稀なことではな . . . 本文を読む
コメント