デジタル紙芝居映像回想システムで記憶と心の復元ポイントを作ろう!

デジタル回想プランナー・デジタル紙芝居クリエイターのデジタル紙芝居制作所(アトリエ・教室・研究会)

平成30年福井豪雪・・・カメラ散歩。

2018年02月22日 | デジタル紙芝居フォトムービー
平成30年福井豪雪の記録を
デジタル紙芝居フォトムービーで語る、伝える、残す。

2月初めに降り始めた雪がどんどん積もった。


56豪雪から、37年目の今回の豪雪。


今日は、青空に誘われ大雪のその後をカメラ散歩。
地区の公園が、集められた雪ですごい事になってる。

路地は、まだまだ手付かずの状態。
どんな状況なのか記録に残そうとカメラ散歩。


デジタル紙芝居フォトムービーで「語る・伝える・残す」









※デジタル紙芝居の活用企画※
□教育関係~ポテンシャルを引き出し、自己表現力と伝達力の向上。
□福祉関係~認知症予防、ボケ防止の習慣、うつの改善。
□観光関係~観光素材を「見える化ストーリー」でブラッシュアップ。
□PR関係~ものがたりプレゼン、ストーリープレゼンで伝達力向上。
□メンタルトレーニング~
自己表現力>自己確認>自己実現>自己完結の可視化でポテンシャルをあげる<カウンセリング有り。



費用はお問い合わせください。

デジタル紙芝居教室へお問い合わせください。



映像回想用の映像の編集、データ変換いたします。
何なりとご相談ください。

お問い合わせはコチラ。


   
ホームページはこちらから
映像回想法専門


お問い合わせ。
記憶のバックアップディスク|映像回想法|デジタル紙芝居|映像回想|デジタル紙芝居教室|




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« NHKの昔の映像は、真の映像回... | トップ | 自分史を作る。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

デジタル紙芝居フォトムービー」カテゴリの最新記事