囲碁漂流の記

週末に対局を楽しむアマ有段者が、棋力不問の話題を提供します。初二段・上級向け即効上達法あり、懐古趣味の諸事雑観あり

野戦病院の恋

2019年07月31日 05時28分57秒 | ●○●○雑観の森


余は如何にして非戦論者となりし乎の巻】


■朝から、セミの声に包まれている。

■「101回目の夏の甲子園」の開幕日は8月6日。

■「8・6」、そして「8・9」「8・15」がまたやってくる。

■戦争を知らないわたしにとっても、夏は「光と影」に彩られた季節である



         ◇


■妻の両親は「大陸」で出会った。

■軍医付きの看護婦長と、学徒出陣の衛生兵班長。殺伐とした野戦病院の日々にあって、高嶺の花を射止めた強運の持ち主は、若い衛生兵だった。青春は戦場にあった。

■「歩兵第36連隊」の一部が沖縄に転戦する直前、マラリアを発症した衛生兵は独り足止めをくらう。激戦地に送られた戦友たちは皆、死んだ。


         ◇


■平和の時代が始まった。

嫁いでまもなくクリスチャンになった義母。義父もまた晩年に洗礼を受けた。世話好き、話し好き。戦友会や老人会の幹事を進んで引き受け、真夏に集まる孫たちに戦地の体験的実相を語った。 夏の甲子園のTV中継は、いつもつけっぱなし。もっぱら少年たちのひたむきなプレーを楽しんだ

■二人を相次いで亡したのは、ひとむかし前。子と孫たちの「いつもの夏」は、そこで途絶えた。孫は30~20代になり、そのうち何人かは「二人のひ孫」を育てている。



▼今年の夏の甲子園も「8・6」に開幕する。昨日、出場
49校が出揃った

 
 

♪ざわわ ざわわ ざわわ
 広いさとうきび畑は
 ざわわ ざわわ ざわわ
 風が通りぬけるだけ
 お父さんて呼んでみたい
 お父さんどこにいるの
 このままみどりの波に
 おぼれてしまいそう
 夏の陽ざしのなかで

  <詞・曲 寺島尚彦>


コメント

永遠の小学生

2019年07月30日 18時05分46秒 | インドア・アウトドアにて

 

夏はやっぱりガリガリ君の巻】

 

医者からは「アイスクリームは月1回」と申し渡されている

 

「キャンディー」「かき氷」であって「クリーム」にあらず


会社帰り、たまらず一本。今日は“南の島”へと飛びました

 

セブンが期間限定の「ガリガリ君」沖縄県産シークヮーサー

 

熱帯になった大阪タカツキで、まったり過ごす甘酸っぱい夏

 

 

 

 

コメント (4)

美しい日本の私

2019年07月30日 05時23分36秒 | ●○●○雑観の森

  

「対局中のノイズ(雑音)は控えましょう」「なぜマナーが最優先なのか」の巻】

  

■まだ訪日外国人が少なかった時代の話。

 

■日本家屋に泊まった知人の欧州人が「あのノイズ(雑音)はなんだ」「眠れないよ」と言ったとか。

 

■「虫の音は風流」の美意識は、日本人特有としたものだ。

 

  

 

 

■さて、夏はサンダル。

 

■通勤用には、かかとにストラップが付いた歩きやすいモノ。内勤用には、つっかけタイプ。ほかにも、いろいろ。

 

■ある時、若い女性社員から「足音が独特なので、すぐに分かりますよ」と言われた。「それは、やかましいってこと?」 「そうは言ってませんけど」と意味深なニヤニヤ。自分では多少気を付けているつもりだったが、皮製で重く、床の材質によっては、よく響く。

 

■学生時代はゲタを好んではいていた。大教室の横の廊下を通って、学生会館の部室へ向かう。カラン、コロン、カラン、コロン。勉学に勤しむ秀才たちには、迷惑だったに違いない。いまさらだが、みなさん、申し訳ありません。

 

         ◇

 

■とかくヒトは習い性から抜け出せない。良くも悪くも。また、自分のやらかすことには寛容でも、他人が同じことをやるとイラつくとしたものだ。 

 

■「カベ突破道場」の同人0二段。このところ好調である。勝率8割以上の快進撃で、ヘボ師範代としても、とってもうれしい。来月末締め切りの半期リーグ戦で、三段昇段の可能性が出てきた。

 

■惜しいのは、悪いクセが時々出てしまうこと。熱中すると、無意識で碁石をつまんで碁笥の端にコンコンとリズミカルに叩いてしまう。

 

■「やめた方がいいですよ」「対局を断られることがありませんか」とわたし。2年余りの付き合い。このところようやく、おそるおそるダメ出しできるように。

 

■「分かった、分かった」と言いながら、なかなか直らない。あまり指摘すると、本人もイライラ。長年のクセは体に染み付いている。

 

         ◇

 

■囲碁でも将棋でもチェスでも、多くの対戦型ボードゲームは「平和的な擬似戦争」あるいは「人生ゲーム」である。

 

■普通は、勝ってもガッツポーズはないし、負けたからといって相手に食って掛かることもない。勝ち負けはそれとして、腹を立てた方が負け。ズルをした方が負け。この世界の掟である。

 

■ビミョーなのは、無意識のクセによって相手に不快な思いをさせることである。

 

■対局中は「碁石をコンコン、ガチャガチャ」「扇子をバタバタ」「過ぎた軽口・論評癖」「観戦者との世間話」の類。不利では盤面を長時間にわたって凝視するくせに、優位になって余裕たっぷりやるのは非常にマズイ。相手によってはコノヤローとなろう。

 

■「上等の碁打ち」とは、棋力の強弱ではない。相手の思考をじゃますることなく、静かに石を置くのみ。

 

■歳を重ねると、ともすれば独善的で頑固になる。盤をはさんで他者と向き合う時間は、さまざまなことを学べるチャンスでもあるのだ。

 

■たかがゲーム、されどゲーム。上手に付き合い、上手に楽しみたいと思う。

 

コメント

ネコ丸の碁

2019年07月29日 06時08分23秒 | ●○●○雑観の森

 

囲碁のフリーペーパーよりの巻】

 
■フリーペーパー「碁的」は、20~30代の若い世代に囲碁を普及させよう、というプロジェクトの一環で発行しているそうです。

■先日のアマ大会会場で、第10号(2018年6月23日発行)が置いてありました。これまで11冊発行し、全国の囲碁サロンや教室に配布しています。

変形B5判、56ページ、オールカラー。グルメ特集や囲碁関連記事が中心の編集です。この号は、若手棋士特集「芝野虎丸七段/碁はトラ丸、中身はネコ丸」▽これだけ分かれば始められる/虎丸先生の囲碁「虎の巻」▽読めばあなたも囲碁が打ちたくなる/ヒカルの碁・名シーン紹介▽若手席亭のいる碁会所「横浜囲碁サロン」「カフェと囲碁 ひだまり」(東京都大田区)の紹介など。
 
 
         ◇
 

■このなかで、囲碁にはまった若い男女アンケートがあり、一部紹介すると――

・仕事に疲れた時の現実逃避先の第1位です(20代女性)
 
・入社当初に仕事が辛かった頃に始めました。休日に囲碁会に参加し、会社で嫌なことがあっても忘れられました(20代女性)
 
・以前は無趣味でしたが、囲碁を始めて、いろいろな人に出会い、刺激を受けて、囲碁以外にも挑戦していこうという気持ちを持てるようになりました(20代女性)
 
・習い事という感覚ではなく、サークルみたいな感じが楽しいです(20代女性)
 
・普段の生活で使わない脳ミソを使えます(20代男性)
 
・他のゲームでは時間を無駄にしたかもしれないという感覚が、囲碁にはありません。全て勉強になっている(40代女性)


 
 
 
 
GOTEKI
http://goteki.jp/
 

 

コメント

190728駅前碁会

2019年07月28日 18時57分15秒 | 熱血他流試合記録

 ▼オープン時、空いています

 

今回からレギュラーの巻】

■朝9時~正午、ゆっくりと2局打って、1勝1敗。

 

▼最初のT六段戦で、今朝TVでやっていた碁と似たような局面が出てきました。TV画面の「左上の定石」は平成の大流行定石ですが、もう打たれなくなりました。わたしたちの碁では、さらに古い昭和の定石になりました。わたしが手順を間違え、おそらくTさんも定石ではない手順を踏み、そこそこの分かれになりました。どちらもAI定石の流行によって、プロは打たなくなりました。そのまま廃定石になるのか、また復活するのか、興味深いところです。

 

 

■きょうは碁会の後、メンバーで昼食。寿司盛り合わせとビール。わたしは、この後にスポーツジムに行くこともあって、寿司のみ。

 

■Tさんから「耳赤の一手の局」について、情報提供をいただきました。

「AIは、秀策の絶妙手より、幻庵の次の一手を、評価しているようです」

黒27」が囲碁全史の中で最も有名な一手。これを境に白番の幻庵が苦しくなった、と言われてきましたが、果たしてどうなのでしょうか。「耳赤の一手」については、もう少し研究のうえ、また別の機会に書きます。

 

 

 

  

コメント

シャワーでスッキリ

2019年07月28日 15時40分03秒 | インドア・アウトドアにて

 

 

 

 

泡のなかのアンディの巻】

 

梅雨明けを待ってましたと、

シャンプー攻撃の嵐です。

散歩の汗も流しましょう。

観念したのか、大人しい。

慣れたら気持ちいいかも🎵

 

 

コメント

続々・笑えない漂流の記/追補

2019年07月28日 06時17分50秒 | ●○●○雑観の森

 

フリードリヒ・ニーチェはかく語りきの巻】


個人が正気を失うのは稀(まれ)である――

しかし、集団や党派、国家、

そして時代の場合は、それが常(つね)である。

 

<1844~1900年、ドイツの哲学者・古典文献学者。実存主義の代表的思想家の一人。ハイデガー、バタイユ、フーコー、ドゥルーズ、デリダなど近現代の哲学者の多くが影響を受けている> 

 

コメント

続々・笑えない漂流記

2019年07月28日 05時03分13秒 | ●○●○雑観の森
 
 
 
 
ついに「メルケルだけ」になってしまったの巻】

■英国の新しい首相が決まった。さっそく、やらかしている。

■ほんの少し前まで、主要国トップは地球規模で協調路線を模索する「グローバリズム」信奉者がほどんどになっていた。

■独りプーチンだけが、わが方損得優先の「ナショナリスト」。

■ところが、ばたばたと各国の政権交代が起きてみると、ナショナリストが続々現れた。「悪貨は良貨を駆逐する」か。

■いま残るはメルケルのみ。だが彼女も、まもなく表舞台から去る。
 
         ◇

■こうしてみると、「戦争の世紀」といわれた20世紀から、何も変わっちゃいない。いや、地球の表面を何十回も廃墟に出来る大量破壊兵器を手にしている、という決定的な違いがある。
 
■非戦・反戦の理想は、現実の損得感情(経済優先主義あるいは拝金主義)に押し流されている。元々何もないはずの地球上に「縄張り」を無理矢理引こうとするエゴとエゴのぶつかり合い。これじゃ反社会的勢力の抗争と変わりない。
 
■反日だ、左翼だ、などの「思考停止のレッテル張り」も流行する。連中を無視するのはたやすいが、大きな流れとして「武器よさらば」は風化し、「悲しみよこんにちは」がやってこようとしている。自由主義、民主主義、資本主義という自己矛盾思想の行く先を見守るだけで、今は嘆息するしかない。
 
         ◇
 
■戦争をするのは、最初から最後まで軍隊(法に明記された専業団体)だけなのか。
 
■戦争計画者と身内は「前線」に行くのか? 女性は? 学生は?
 
■いずれ、あなたが、あるいは、あなたの大切なヒトが、必ず当事者になる。見知らぬ誰かを殺しに行くのか、逆に殺されるのか。戦争を知らない世代の「賢明な想像力の総和」だけが頼みの昨今である。
 
 
コメント

上級への道③答え

2019年07月28日 04時11分41秒 | 【カベ突破道場】

 

 

第1線に手ありの巻】


黒は「ノビ出し」
 
■この後、白2なら黒3。白4なら黒5。
 
■相手の眼ができそうな点をつぶします。

        ◇

■「辺の6目形」は生き、「隅の6目形」は死。(ただし周囲の形によります。また部分的な生死が、全体として争うべき場所とは限りません)
 
 
■ともかく「生きていくには『二部屋』が必要」「『ワンルーム』は死」と覚えておきましょう。当たり前ですが、形が少し複雑になると錯覚しやすいので念のため。
 

        ◇
 
■どう打てばいいのか分からない時、まず「第1線に打つ」ことを考えてみましょう。
 
■最初に考えるのは「第1線のハネ」あるいは「眼になりそうな点へのオキ」です。
 
        ◇
 
■一連の基本死活3題は、中終盤で多く出現します。一手で逆転できるので、覚えると勝負強くなります。逆に、手入れすることで、勝ち切ることもできます。
 
■そのために、中終盤では一つ一つ数えて確定地の大きさを比較し、形勢判断することが必要です。大きくリードしている時は無理せずに「店仕舞い」、大きくリードされている時は思い切って「勝負手」です。
 
 
コメント

上級への道③問題

2019年07月27日 19時01分40秒 | インドア・アウトドアにて
 
初手が分かればの巻】

■黒番

■白を取ってしまいます。
 
 
 
 
 
■計3題で一応おしまい。全部できたら「5級」より上。
 
■実戦で間違いなく出来たら「1~3級」でしょうか。
 
■初段で打っているのにできなかったら「問題あり」でしょう。
 
計3題の問題と答えを何度も繰り返し、目に焼き付けましょう。
 
コメント

190727例会/2局

2019年07月27日 17時46分19秒 | インドア・アウトドアにて

▼S三段戦。2子局で逆コミ5目半

序盤で白6で三々に入りました。次は黒番。黒はどうしたと思いますか?

わたしが黒なら、ここは手抜きで、ほかに回ることを考えます。

Sさんは、右辺を大事にして押さえましたが……

 

▼終盤です。盤面で白がリードしています。逆コミ2目半がありますが、逆転は困難な形勢。

中央3子が囚われたのが、敗勢の原因です。

 

このところ細かい碁が多いの巻】


■ポイント制のリーグ戦は1勝1敗。


■S三段戦は、2子置いてもらい、さらに逆コミ5目半のハンディ。

白番のわたしが、中盤の手筋でリードし、そのまま盤面8目勝ち。逆コミがあるので「白2目半勝ち」でした。


■Y五段戦は、黒番のわたしから逆コミ2目半。盤面4目負け、逆コミがあるので「黒1目半負け」でした。

いつもの戦いの碁でしたが、序盤でポイントを上げたものの、最後に少し緩んだかも。


        ◇


ブログの基本詰碁について、S2級に感想を聞く。

「ホウリコミの手は、すぐ分かった」

やさしすぎましたか、やはり。


 

 

コメント

上級への道②答え

2019年07月27日 17時14分28秒 | 【カベ突破道場】

 

 

 
「2の一」に手ありの巻】

■白2は当然。
 
■黒3と出ていきましょう。白はどうしても2眼ができません。
 
コメント

上級への道②問題

2019年07月27日 11時25分52秒 | 【カベ突破道場】
 
 
おなじみの急所の巻】

■黒番

■手順が大事です。
 

         ◇
 

■前回の「スミの魔法」。いかがだったでしょうか。
 
■同じレベルの問題です。
 
■狭い所ですから、手は限られています。
 
■今回も、すぐに分かれば「有段」、小考してわかれば「上級」でしょう。
コメント

プロの直覚とヨミ

2019年07月27日 10時32分12秒 | ●○●○雑観の森

 

中盤の難所で考えたこと巻】

 

■一週間前の大会を、もう一度振り返ります。プロ指導碁の中盤です。

■プロ初段は数人を相手にしています。盤面を一瞬見て次々に着手しています。その間、指導を受けるアマが考えるわけです。

■写真2枚は、黒の手番です。皆さんはどこに打ちますか?

 

▲上の写真

■黒番のわたしが考えているのは、もちろん中央です。

「右辺の黒1子を取り込まれるのを防ぐ手」

「左辺の白の大石を攻める手」

を比較検討しました。

 

▲下の写真

攻めっ気の強いわたしですから、ほぼ迷わずに後者「左辺の白の大石を攻める手」を選びました。(それがどうだったか、いまだ疑問です。指導碁でなければ、前者を選んだかもしれません)

上の写真で、左辺・白6子の「中央よりの断点のキリ」と、左辺上部より白5子が抱えている「黒1子の2路下のノゾキ」をみて、手順を考えました。

 

■相手はプロですから、簡単に決め手を与えてくれず、そこそこの分かれ?になりました。黒は中央に地が付きましたが、白は右辺寄りに大きな地を確保しました。失敗だったようです。

■やはり5子以上の石を捨てるには、それに見合ったフリカワリがあるか、別に大きな得をする手があるかを、直感的に判断するようです。上の写真の局面で、いくつかの出来上がり図を、猛烈な速さで読んでいることが表情から伺いしれました。

 

■数手後に「困ったなあ」とつぶやいていましたが、それはホントに困ったのではなく、少し時間が必要になった、という意味と理解しました。

 

 

高尾紳路九段の著書より

棋士は修業時代だけではなく、プロになってからも詰碁を解く習慣を続けていくものです。かくいう私もその一人。中には詰碁を解くだけでなく、作る人さえいます。詰碁で死活力を磨くのは、それが碁の根幹になっているからです。

 

 

 

 

コメント

続・笑えない漂流の記

2019年07月27日 08時30分49秒 | ●○●○雑観の森

 

りゅうげんひご 世の中で言いふらされる確証のないうわさ話。根拠のない扇動的な宣伝。デマ。 <三省堂 大辞林>

 

流言飛語とネット社会の親和性の巻】

 

■大日本帝国海軍の元報道部長の回想録によると、大本営発表というのは「嘘っ八」の連続で、昭和18年ともなると、それを信じるのは国内のすこぶる知的でない大衆、および狂信者だけだったそうである。前線はもちろん世界でも相手にされなかったという。

■戦争がある段階に達した時、たいていの日本人は連合艦隊というものが、もうこの世に存在しない、という流言飛語を耳にしていた。そして具合の悪いことに、これは嘘ではなく、本当だ、と知っていた。

■さかのぼって、ノモンハンでは日本軍がソビエトにコテンパンにやられたとか、満州事変も日支事変もみんな日本の方から仕掛けた侵略戦争であるとか、そういった流言飛語を耳にしていた。このデマが、みんな真相を伝えている、ということさえ知っていたそうだ。

 

        ◇

 

流言飛語はいつの時代にもある。ネット情報がコントロールされている中国や北朝鮮では、国民は真実を知らないのかとの心配があるが、そんなことはないのである。「知らない」と「知らされていない」はイコールではない。「知らされていない」ことの被害者はすこぶる知的でない大衆のみ。

■むしろ玉石混交のネット社会になってしまった、この国の行く末が案じられよう。

■まことしやかな流言飛語が洪水のように流れている。かは、たいていの日本人はおろかすこぶる知的な大衆でも、見分けがつきにくくなっている。

すこぶる知的ではない大衆たいていの日本人の割合が、70余年前と現在とでは、どうなっているのかは知らぬ。民度を測るはずの選挙制度が機能を失っているためでもある。しかし機能不全のままに制度は成立し、政治勢力に「思い上がり」やら「無力感」やらを与えている。ゆゆしき事態、ゆゆしき時代。

■巷では、極めて巧妙な「オレオレ詐欺」が次々発明され、被害は後を絶たぬ。

■そして永田町周辺では、やるやると言いながらやらない「ヤルヤル詐欺」やら、やるとはっきりと言わずに選挙で勝って「ズルを決め込み、やらかしちゃう詐欺」。この被害もじわり拡大しているようである。

■もはや「戦前回帰」なる怪奇現象の白昼夢。だがフィクションではなさそうである。果たして数年先は? たいていの日本人ならブルーにならないわけがない。

 

 

 

 

 

コメント