囲碁漂流の記

様変わり三大タイトル戦

 

第75期本因坊戦リーグの巻】

 

■本因坊戦が始まった。

世襲制から実力制に移行してから、第75期も重ねたのかという感慨。

三大棋戦のほか二つは、45期名人戦と44期棋聖戦だから、本因坊戦の歴史がいかに長いのかが分かる。

本リーグは8人総当りリーグ戦で、優勝すれば、本因坊位に君臨する井山最強との7番勝負(番碁)の挑戦権が得られる。

8人は「一流」の仲間入りだが、リーグ戦上位4人だけが残留できるという厳しい世界。

 

■今期は、平成四天王のうち山下敬吾と羽根直樹だけ。高尾紳路と張栩がいない本棋戦は寂しい。

30歳以下が過半を占め、本命視される新名人は10代である。

しかし“大本命”ではなく、いまだ戦国時代であり、一強・井山への下克上を狙う構図が毎年続いている。

 

■最近、井山最強の碁を並べることが増えた。

並べると分かるのは、その桁外れの強さだけではない。

多様な布石を試みる幅の広さ。

リスクを取り圧勝を目指す志の高さ。

緻密で深いヨミで局面を複雑化する芸の深さ。

 

「素人に楽しみを提供するために打ってくれているのだ」と、わたしなどは思ってしまうのである。


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る