囲碁漂流の記

「きらきらひかる」の京都

 
 
 
 
 

高瀬川のせせらぎ、木屋町ロマンティックの巻】
 
 
■高瀬川は、江戸初期(1611年)に角倉了以・素庵父子によって、
京都の中心部と伏見を結ぶ物流用に開削された運河である。
1920(大正9)年まで三百年間、京都・伏見間の水運に用いられた。
名前は水運に用いた「高瀬舟」にちなんでいる。
 
         ◇ 

■三条通から四条通にかけての木屋町通は歓楽街で人出が多い。
春は桜の名所として知られ、人が滞留している。
秋の朝は閑散としているが、これはこれでいいものだ。
人ごみの苦手なわたしが散策するには具合がいい。
 
四条通周辺にソワレ、築地、フランソワなど懐古趣味の喫茶店が残る。
かつての待ち合わせの場所は次々と姿を消し、半数以下になった。
大手チェーンが混みあっているのに、こちらは閑散としている。
なぜそうなのか、わたしにはちっとも分からない。
 
そう言っても、この10年で築地に一人で、フランソワに大学時代の友人3人と、
それぞれ一度きり。ソワレのドアを最後に開いたのはいつだったか?
学生時代のように、長く居座って本を読みふける習慣がなくなったからだろう。
あの頃、今はなき三条通の書店でのバイト料は本とコーヒーに変わっていたーー。
 
遠い記憶の中のお話である。
 
 
 
 
■森鴎外「高瀬舟」の最後の一節が頭に浮かぶ。

次第に更けて行く朧夜に、沈默の人二人を載せた高瀬舟は、黒い水の面をすべつて行つた。

 

 
 
 
 
2019年11月9日(土) 京都てくてくの記

↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「インドア・アウトドアにて」カテゴリーもっと見る