囲碁漂流の記

不正義の時代に

新大関の口上に思うこと ~ いつまで厚顔無恥を見なければならないのか の巻】


■新大関・朝乃山の昇進伝達式での口上は

「力士として正義を全う」云々だった。

一足先に大関になった貴景勝の口上は

武士道精神を重んじ」云々。

このところ流行していた四文字熟語ではなく、

分かりやすく率直で好感を持てる。

しかも「力士として」が、

ピリッと効いている。


封建時代のしきたりを残す

この独特の世界に生きる若者が、

時代を敏感に感じていることを、

たのもしくもあり、

同時に、せつなくもある。

 

 


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る