囲碁漂流の記

戦の心構え/番外4

対局中に「不要の会話を禁じている」のは何故か ~ 芸の静謐について の巻】

 


■当ブログ「カベ突破道場」名誉師範で本拠地同好会元会長の

S十段格から、以前に聞いた話


ある大会で、対局相手が「投げた」(負けを認めた)ところ、

Sさんが「まだ(勝負を)諦める必要はないでしょう」旨を言った。

きっと、いつもの親切心だったと、わたしは思う。

しかし相手は気色ばんで「余計なことは、いわないでほしい

と言い放ったそうだ。


極端な話だが、ずっと気になっていた。

というのは、なぜ対局中に不要の会話を禁じているのかについて、

いま一つ、胸にストンと落ちる説明を聞いたことがなかったからだ。

 


■たとえば、相手の着手について

「そんな手はないやろ」「それはダメダメ、こうやれば潰れだよ」など

こういう言質は反則である。

話術で局勢を変えようとするのは卑怯というわけである。

まともな碁会所なら「出入り禁止処分」になる。

わたしのお気に入りの囲碁サロンでも同様の措置がなされた。

いや、この措置がなされたから、お気に入りになった

と言った方が正確である。

 


■だが、わたしはもっと深いところに、

その意味があるのではないか、と思う。


例えば、茶の湯の利休。

芸事の力を“武器”に傀儡師(くぐつし)となり天下人を操り、

わずか二畳の空間「茶室」で武将連中と相まみれる。

緊迫した心理戦の勝負とでもいえようか。

 

この静謐の時空は、

乱世末期に世の平安を願うための

茶人という立場での「道の追求」だったのであろう。

真剣勝負にあって、たわいのないおしゃべりは

邪魔以外に何者でもなく、筋悪であったに違いない。

 

こうして、多くの芸事でも、その一瞬一瞬に「口舌不要」となった。

つまり勝負という面より、精神性を重んじる道に分け入った、

とみるべきではないか。

 

囲碁将棋が、

ほかの賭け事や偶然性に依存したゲームとは一線を画し

別の道を歩んだのはこうした理由だったと思うのである。

 

 

千利休(1522~91年) わび茶(草庵の茶)の完成者で、「茶聖」といわれる。天下人・豊臣秀吉の側近であり、多くの大名にも影響力を持った。やがて秀吉と不和が生じ、最後は切腹に追い込まれた。その真相については諸説あり、定まっていない。

 

 

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

日本棋院 公式ホームページより

囲碁の基本:対局のルール・流れ <対局中のおしゃべり>

 

囲碁は別称「手談」ともいわれ、

盤上で一手一手意味のあるコミュニケーションをしているので、

対局中、おしゃべりをする必要がありません

親しい友人等と打つ時などユーモアのある会話、

相手をなごませる会話をしながらの碁は、時には楽しいものですが、

お互いの思考の邪魔にならない程度にしましょう。

 

また、一番困るのは観戦者の口出しです。

「アッ!」とか「ウッ!」と言われただけでも対局者は気になるし不快です。

観戦者は対局中の碁に関することを絶対言ってはいけません。

 

簡単なマナーなので守って気持よく対局を始めましょう。

 


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「【カベ突破道場】即効編」カテゴリーもっと見る