囲碁漂流の記

ラヂオの時間

昭和歌謡を懐古するの巻】

 

■このところ未明に目覚め、ベッドでしばらくラジオに聴き入ってます。

今朝は、作詞家の岡本おさみ作品集でした。

昭和50年代の森山良子「歌ってよ夕陽の歌を」、岸田智史「きみの朝」、時任三郎「川

の流れを抱いて眠りたい」、吉田拓郎「襟裳岬」など。

途中から聴いたのですが、泉谷しげるの「黒いカバン」や猫の「地下鉄にのって」は流

れたかなあ?

明日はフォーククルセダーズだそうです。

 

■もう少し前の名歌手たちもいいですね。

フランク永井、笠置シヅ子、淡谷のり子、越路吹雪ーー。

昭和歌謡、ブギ、ブルース、シャンソンなどなど。

あふれ出るムード。ノリノリのアップテンポ。しっとりした情感。すべて二重丸。

 

子供の頃は「ナツメロ=古臭い」のイメージがあったのに、

最近は、どうしたわけか、ココロに染みます。

 

「公園の手品師」は、この1、2年で何度流れたことでしょう。

聴くほどに、味わいが深まります。

たまりません。王様です。フランク永井。

 

 本拠地碁会会場周辺のイチョウは散り始めました=2019年11月30日朝

 

フランク永井「公園の手品師」
詞・宮川哲夫、曲・吉田正、昭和33年

♪ 鳩がとび立つ 公園の
銀杏(いちょう)は手品師 老いたピエロ
うすれ陽に ほほえみながら
季節の歌を
ラララン ラララン ラララン 
うたっているよ
貸してあげよか アコーディオン
銀杏は手品師 老いたピエロ
 

↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る