囲碁漂流の記

魔女狩りの空気感

寒い季節に危険がいっぱい~凍り付いた実話の巻】


■職場でインフルエンザによるダウンが相次いでいます。

ついに、魔女狩りまで。

怪しげな空気感が広がりを見せようとしています。

 

女性従業員らの真冬の怪談

「ゴホゴホやってるヤツに限って、マスクしおらへん」

「そやねん、会社 休めよな」

「むかつくな」

「20代、30代しか、インフルかからへん、てホンマやろか」

「じゃ、ウチら、大丈夫やろ」

 

(別の女性が近くを通って)

「あ、オバハン、咳 しとる」

 

(後に、その女性に任意聴取)

「さっき、咳 しとったやろ」

「ウチ? してへん、してへん、ぜ~えったい! してへん」

 

マスクを着けていない彼女、必死。

容疑を全面否認する……。

逮捕か?

 

         ◇

 

■妻は昨秋、予防接種した夜に微熱が出てしまいました。

わたしは、自分はどうたものか、と思っているうち、

続けて二度も風邪をひき、接種のタイミングを逃しました。

 

職場のあちこちにある消毒液で手をこすっています。

ハエのように。

オッチャン・オバチャン感染せず?の俗説を信じ、

このまま乗り切りたいものです。

 

ただし、怖いのはインフルエンザだけではありません。

空気も、体も、ココロも、乾いている昨今。

皆さま、ご自愛を。

 

 

        ◇

 


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「インドア・アウトドアにて」カテゴリーもっと見る