囲碁漂流の記

オチのない話

“某重大事件”の現場からの巻】

 

■ある碁友からメールが届きました。

当ブログの12月1日投稿「嗚呼、もう待てない」の感想です。

以下、要旨。

 

「待ったをした『某さん』にとって、待ったはあたりまえのルールでやってきていると思います」

「私も指から離さないと待ったにならない、というルールのなかでやってきたので、先日のブログ記事の後、『置いたらおしまい』というルールに変えようとしてます」

「しかし、貧乏揺すりと同じで、やってはいけないと分かっていても、無意識に習慣でやってしまうかもしれません」

「その時は『待ったになります』と言ってください。今は、打つ所を決めてから碁石を持つように意識して変えていってます」

 

■はて、そのルールとは? ローカル・ルール? 個人ルール?

この件は、別の同好会(別荘)でも議論沸騰し、

大紛糾の末に、高段者のぼそり一言「負けに決まってるやろ」で、

「待った=即負け」を再確認して幕引きとなりました。

 

それは、さておき。

実は、その「某さん」。

その前の対局において、 既に雲行きが怪しくなっていました。

わたしは対局中、 隣でトゲトゲしい声が聞こえ始めたので、びっくりしました。

コウ争いで、どちらかが「コウ立てを打たず取り返す反則」を犯したようです。

二人が興奮して異なる主張を繰り返してましたが、当事者でしかわかりません。

観戦者がいると、もっとややこしいことになったでしょう。


二人のどちらかが、手順を覚えていないのが原因なので、

「これだから中段は中段なのだ」と思いました。(わが身を含めて)

やがて、場は収まったようでした。

 

しかし審判や立会人がいないアマ対局では、

これは防ぎようがないように思えます。

どうしたものでしょう?

どなたか、ご教示ください。

 

わたしなら、ケンカになる前に、面倒なので「投了」します。

この秋の宝酒造杯でも、30代?の所作に不快になったので投げました。

投げるのは、当方の勝手です。

相手が待ったをし、指摘しても受け入れない相手なら、投げる用意はあります。

残り少ない人生の貴重な時間をムダにしたくありません。

「負けるが勝ち」ってヤツでしょうか。


 

■プロの世界でも、コウがらみの反則はよくあり、これは即反則負けです。

罰金はありません。

 

ところが問題は「待ったをしたが、曖昧に続き、勝敗が決まってしまうケース」。

これは、大変なことになります。

理事会協議事項になり 「勝敗はそのまま。罰金プラス同一棋戦一年間参加停止」なんていう“判例”もあります。立会人も面目丸つぶれです。

最近では、将棋のレジェンドがやらかした有名な“某重大事件”がありました。

まもなく引退し、今はTVアイドルとして活躍しています。  

 

 

▲浅野家の家来衆が「待った」「待たない」で斬り合いになったとか

逆ギレも、こうなってくると、一つの文化?かもしれぬ

サイコロも花札も、悪い目や札が出るたび、やり直すのだろうか?

何がフェアで、何がアンフェアなのか、分からないなら致し方なし

「待ったをする者同士の寄り合いならばよろしい」のではあるまいか

わたしなどは、そう思うのである


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る