囲碁漂流の記

5級から初段になる方法

級位者、これだけはの巻】

 

■昨日の本拠地同好会の例会で。

帰り際、副会長のKさんの胸のプレートを見ると「4級」とありました。

この夏に昇級していたんですね。すみません。

少し前の投稿で「5級」と書いてしまいました。

 

■本題です。

Kさんは少なくとも数年来「5級」で足踏みしていたとか。

昨日も「今度、教えてほしい」とおっしゃる右手に、難しそうなヨセの計算を記載した文庫本を持っておられます。

「それならブログを見てください」とわたし。

「プロの説明本の前に、ざっくり基礎知識を頭に入れてからでないと理解できない」

と考えています。

 

「5級」は平均的棋力。

「初段」は50人に一人、「三段」は200人に一人といわれてきました。

市販本を買っても、難しくて挫折するヒトが多いためでしょう。

 

■まず「手の大きさ」を感覚的に身につけたい。

自分が打つか、相手が打つかで、どれぐらい得ができるかが手の大きさ。

大きい手から順に打っていけばいいのですが、「大きい手」を見極めるのが難しい。

狙いや含み、双方の石の配置によって変化するので、単純な陣取り合戦ではないからです。

それでも、ざっくりと「大きさ」が分かっているだけで、もう初段への道の第一歩を踏み出したことになると思います。

 

■では、以下の配置をよく見てください。

例えば、右上スミの星ですが、地は10目程度できそうですが、中央にも影響力を持っています。20目見当というのは、そういう意味です。

急場の25目以上というのは、石の生死にかかわる問題だからです。

まとまって取られたり、イジメられたりすると、一方的展開になりますので、大きいのです。

 

▼基本的考え方

 

▼どれも「20目」見当です

 

▼これらも20目ぐらいの大きさ

 

▼白の立体化を妨げ、黒自身を立体的にしている手

 

▼普通の大場。下辺の星より、5目ぐらい小さい

 

▼いきなり狭いところに入っていくのは疑問

二間に開くことはできますが、下辺や上辺を打ってからです

 

▼黒3は「4」か「一路左の3線」が、正着

手抜きして「3連星」を打つのは、気が早いのです

 

▼白から一方的に攻められ、もう敗勢です

三連星も隙があって、そのまま地にはなりません


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る