囲碁漂流の記

191130本拠地碁会

11月度最終例会の巻】

 

■本日の碁会は、リーグ戦3局3勝。

K四段に3目半勝ち、M四段に中押し勝ち2連勝でした。

 

この秋から繰り返し、やらかしているヘンテコな定石?

(裏定石で、プロもよく打っていることが分かりましたが)

感覚がつかめてきたためか、勝てる見込みが立ってきました。

新しいことをやると、数局試してみないと、上手くいきません。

勉強して実戦で使ってみて、ですから一歩一歩です。

 

初戦の相手は、しぶとい棋風のK四段です。

序盤と終盤の盤面の様子を載せておきます。

  

 
▼K四段戦の序盤
白番のわたしが次に打つ場所は?

 
 
▼左下で、黒の星の上にツケました
下ツケがAI好みで大流行中ですが、へそ曲がりなので逆をいきました
相手も考えてきたようで、それなりに応対してきます
スミも中央も打てて、少し白が打ちやすくなったように思いました
黒は下辺と右辺で地を稼いできました
この辺が上手です
 
 
 
▼終盤です
中央にふっくら地が付いて、白が数目リードでしょうか?
この後、最後まで堅く打って盤面2目勝ち
コミ1目半の手合いだったので、白3目半勝ちとなりました
途中の計算が甘かったのか、際どい勝負でした
 
 
 
 

↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「本拠地同好会記録」カテゴリーもっと見る