囲碁漂流の記

プロの直覚/上手の心理㊤

 


置かせ碁で白番の作戦 ~ 本手を打って負けてもよし の巻】

 

■藤沢秀行の著書より ~ 相場一宏・囲碁ライター協会名誉会長がよせた一文 ~

 

石を多く置かせたがるのはアマ。

少なく置かせたがるのはプロ。

アマは精神的優位を、プロは楽をしたい。

しかし手合い割でもめるのは好ましくない。


置き碁を、アマは勝負とみて、プロは指導とみる。

アマは目の中に指を突っ込むような打ち方が多く、

プロは本手を打って負けてもよしという態度。

だまして勝っても後味がよくない。

次第に手が荒れて、互先の碁を打てなくなる。


「下手の間違い」は自然と出るもの。

上手はいかに的確にとがめるかであり、

とがめきれなければ、上手は技量不足と反省すべきである。


上手が下手の力に照準を合わせ、

下手の打ちそうな手を期待するのでは

碁の楽しみも低劣なものとなる。


上手が局面を拡大し

下手は上手の力に応じられないというなら

ともに上向きの姿勢である。

下手にとっても「上達のための間違い」となる。

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'☆'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..・◯

★コメント欄は「ひと休み」させていただいています


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事