囲碁漂流の記

拝啓、六十代の君へ

遅れてきた碁打ち、いざ特訓に挑まん!の巻】

 

■2020年こそは、

「遅れてきた碁打ち」の汗と涙と努力と研鑽?が、

開花する年にしたいものです。

 

■そこでアマ大会対策として、月に1度ほど、対局時計を使っての

「特訓的勉強会」を開くことになりました。

これは、O五段格の発案です。

わたしより少し年上で、遠ざかっていた碁を本格的に再開し、棋力急進中。

毎日2時間、自宅で勉強していて「70代で六段」が口癖です。

今秋の宝酒造杯大阪大会にお誘いしたところ、対外試合の面白さにハマッタとか。

アマ大会は、一日で5~4局打ちます。

その訓練として、一日どっぷり最低でも5局を打とう、というのです。

賛同した高段者2人を交え、某所に集って実戦練習に挑むことにしました。

 

「各40分制限」ですから、一人が30分ぐらいで打ち終えることになります。

一局1時間前後となるのでしょうか。

最長でも、並べて数えて1時間20分前後です。

「一手10秒としても180手」ですから、もう少し早く打たないといけません。

「直覚」と「3手のヨミ」が大事です。

普段からヨミのスピードと精度を高めておかねばなりません。

 

会の名称は未定。

「大会対策碁会」「特訓碁会」「猛烈シゴキ碁会」あたりとなりますか?

 

         ◇

 

■企画立案したОさんと、わたしのメール交換をご高覧ください。

 (注:一部非公開・手直し済み、差出人・受取人は仮名)

  

<Oさんから漂流男へ/メール骨子> 

・新しい碁会の発足を楽しみにしている

・待った(打ち直し)のルールなどが、ブログ記事でよく分かった

・自分の目標は「六段昇段」と「宝酒造杯の低段戦優勝」である

・囲碁のマナーを理解し、マナーのいい強い六段になる!

 

(注:六段昇段を「70歳まで」としていたのを、最近「75歳まで」と変えたようです)

 

 

<漂流男からOさんへ/メールほぼ全文> 

O様へ 

いたみいります。 

ブログを書くために、それなりに「調べもの」をやります。

それで、訳知りのようにシレ~と、書きます。

そんなこんなが、勉強であり、楽しみでもあります。

(中略)

自分の足元が寒いことに、自戒を込めて書いているつもり、ではあります。

しかし、それはどこまで出来ているのか、全くもって怪しいのであります。 

同好会だからといって、許されること、許されないこと。

その「線引き」が難しいのであります。

そうはいっても(地域同好会の現状は)緩すぎでしょう。

大きなトラブルこそ、このところ起きていないようですが、

少しよどんできているのを感じます。 

Oさんの明るく開放的なキャラによっても、

何かしらよい風が吹き始めてきたように、わたしなどは思います。

皆さんは、どうでしょうか。

徒党は組まずとも、自然と風通しよく、楽しい会が続くことを願うばかりです。

もう少し、登場人物を匿名で書き続け、棋力・マナーともにレベルの高い、

本当の意味での「楽しい会」になっていけばいいなあ、と夢想します。 

わたしの目標は、

(反則や道具壊し常習者)相撲のH、テニスのNのような勝利至上主義を否定し、

「精神性一番、技量二番」の「どこにいっても堂々の六段」になることです。

ブログ執筆は、そのための一つの勉強法であり、決意表明でもあります。

またいずれ、感想・批判を、こそっとお願いいたします。 

たそがれ漂流男より 

 

以上、2019年11月某日の交信記録

 

  


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る