囲碁漂流の記

週末に対局を楽しむアマ有段者が、棋力不問の話題を提供します。初二段・上級向け即効上達法あり、懐古趣味の諸事雑観あり。

すみれスマイル……

2019年07月11日 06時50分58秒 | ●○●○雑観の森

▼213手で投了。仲邑初段は感想を問われると、一言だけ「強かったです」

 


スマイル封印なれどの巻】


■200手以上も打ったとは。素晴らしい。

■ヘナチョコアマ四段は「市販の最強ソフト」相手に50手100手ももちません。当然ですが。

 

      ◇

 

囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は10日、大阪市で行われたイベントで囲碁AI(人工知能)の「GLOBIS-AQZ」と対戦し、敗れた。

対局は黒番のAQZが仲邑初段の大石を取り込んで大きな地を確保し、押し切った。仲邑初段は悔しそうな様子で、「(相手は)強かった」と話した。

AQZはビジネススクールを展開するグロービスやエンジニアの山口祐さん(32)らが共同で開発。今回、仲邑初段が対戦したのは、人間との対局のデータは取り入れておらず、AQZが50万局程度、自ら対戦を行い学習したものだった。

AIとプロの対戦では2016年、米グーグル傘下の企業が開発した「アルファ碁」が韓国のトッププロに勝利。17年には世界トップ級の中国選手を破った。現在は多くのプロ棋士が研究にAIを活用している。

仲邑初段は4月に史上最年少の10歳0カ月でプロ入り。今月8日には第23期女流棋聖戦予選で、最年少の10歳4カ月で公式戦初勝利を挙げた。〔共同〕

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 「美しい食」に思う | トップ | 無口な手紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●○●○雑観の森」カテゴリの最新記事