囲碁漂流の記

プロの直覚/元祖・棋聖

 

黒8と頑張るのではなく、ここは放置してAと抱えるのが簡明(藤沢評)

 

白17コウトル 白19ツグ

黒18・20の消極策により、白に一本取られる

「初コウにコウなし」

 

上辺の非効率的な地と

左辺の効率的な地の比較で、白の大勝

241手完、白14目勝ち

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

今回から

置き碁・置かせ碁に

いくつかの角度から光をあてます

 

 

白番の作戦 ~ 4子局を自在に打ち回し、棋聖が快勝する の巻】

 

■名誉棋聖・藤沢秀行の著書の譜面より ~

 

実力十三段の無敵・本因坊道策(1645~1702年)に

4子置いて琉球碁士が挑戦した国際試合。

当時、独立王国だった琉球に向けた

朝貢使の随員として碁士が加えられていた。


ゴリゴリとした戦闘的棋風の相手に対し、

道策は序盤からトビツケを多用した華麗な離れ業から

終盤にはカウンターパンチを浴びせて圧倒し

ヨセ切って大差――。

 

道策は「手割り」という新理論を持ち込み

手筋と大局観を駆使する近現代碁の基礎を築いた。

実戦で鍛えただけの力碁では歯が立つはずもなかった。

 

         ◇

 

本因坊道策は強すぎた。

時代を超越していた。

他の家元(安井、林、井上)で対抗できる人材はいなかった。

名人碁所を申し立てた際、異論の余地は全くなかった。

手合い割が厳格だったこの時代、名人はつねに白を持つのだが、

道策が「生涯の一局」に挙げたのは「安井春知との2子局」。

1683(天和3)年11月19日の御城碁でのハンディ戦である。

道策は春知を翻弄しながらも1目負けたが、世評は白の名局。

置き石なしで打てる相手が一人もいなかった当時、

後にも先にもない名人に2子局1目勝ちは、

「コミ5目」が暗黙の了解だったのだから

勝負に勝っても内容で負けているとされた。

 

この棋譜を眺め、並べて思うに

ライバルに恵まれなかった孤高の碁打ちというものは

本当に仕合せだったろうかーー

ということである。

 

 

 

 

藤沢が説く「置き碁における白の精神」とは

一、形を決めない

一、守り三分

一、フリカワリ自在

一、コウで攪乱

一、リズムで崩す

一、勝負を急がない

 

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'☆'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..・◯

★コメント欄は「ひと休み」させていただいています


↓ 何かを感じていただいたなら ↓ ポチッと押して ↓ 他のブログもお楽しみください ↓

最近の「●○●○雑観の森」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事