頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『砂男』ラーシュ・ケプレル

2020-03-24 | books
13年間行方不明だった男ミカエルが現れた。ずっと監禁されていた場所から逃げてきた。妹フェリシアも監禁されている。ヨーナ警部は、閉鎖病棟にいるシリアルキラーのユレックの仕業だと考えている。しかし彼は何も話さない。フェリシアの居場所を探るために、考え出された作戦は、同じ病棟に患者としてスパイを送るという危険なものだった。

うーむ。第3作「交霊」を読むのを忘れて第4作を読んでしまったけれど、何も問題なかった。「羊たちの沈黙」以来震えるようなサイコスリラーをあまり読めてなかってけれど、久しぶりにガツンと来た。

ユレックはまるでレクター博士なのだけれど、動機や方法は違うし、どうやって人を騙すのかについては上手かも知れない。またスパイが投入されてからの緊張感はもの凄い。ガッツリとサイコスリラーを読みたい人にオススメ。

 
 

今日の一曲

Reneé Dominiqueによる、The Carpentersのカバーで、"Close To You"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『蒼のファンファーレ』古内一絵 | トップ | 『ザリガニの鳴くところ』デ... »

コメントを投稿