頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『廃墟の白墨』遠田潤子

2019-11-16 | books
明石ビルのオーナー女性明石、娘の白墨、賃借人たち。1970年代、起こった悲劇。50年経って分かった真実とは。

遠田潤子は大好きな作家。でもこれは読むのが時間の無駄になってしまった。

可哀想なキャラがそれほど可哀想に思えず、意外な展開にそれほど驚けない。誰が殺してもまあいいかと思ってしまった。


 


今日の一曲

Led Zeppelinのカバーで、尾崎亜美と小原礼と奥田民生による" Rock and Roll"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『べらぼうくん』万城目学 | トップ | 『ノワールをまとう女』神護... »

コメントを投稿