頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『小さなころに置いてきたもの』黒柳徹子

2019-10-31 | books
昔のことをよく覚えてる、徹子さんらしいエッセイ。短いものが沢山ある。とっても面白かった。

様々な人との交流や印象に残ったことが面白おかしく描かれている。お喋りなホロヴィッツや、徹子に恋心?を抱いた赤塚不二夫の話など、へーそーなんだー、と思わず何度も呟いてしまった。オススメ。
 

今日の一曲

椎名林檎で、「公然の秘密」



では、また。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『わが母なるロージー』ピエ... | トップ | 『死者の国』ジャン=クリス... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (midori)
2019-10-31 12:49:25
ふるさん、こんにちは。
エッセイ本絶対読みます!
黒柳徹子さんを描いたドラマ、『トットちゃん』も『トットてれび』もとても面白くて黒柳徹子さんの事素敵だなぁって思っていました。子供時代のお話しは愉しくて切なくて感動しますよね。
そして『トットてれび』での向田邦子さんと渥美清さんとのエピソードすごく心に残りました。
渥美清さんと言えば、NHKで放送中の『少年寅次郎』がとっても面白くて大好きなドラマです‼︎

すみません、ふるさんのドラマレビューを見させて頂いて。
今回も面白いドラマ沢山あってほとんど楽しく観ているのですが、私もふるさんと同じくジコチョーだけは1話で脱落してしまいました。

それでは黒柳さんエッセイ本、今から注文したいと思います!

長々とすみませんでした。
Unknown (ふる)
2019-11-01 17:10:03
>midoriさん、

「トットちゃん」「トットテレビ」観てましたよ。エッセイを読むと、黒柳さんの人柄が伝わってきます。ものすごく素直で、思ったことをストレートに伝える。でも裏表がないので人に好かれる。まさにこうありたいというような人格の人です。他にも未読のエッセイがあるので、また機会があったら読みたいです。

「少年寅次郎」観てないんですよ。「ジコチョー」以外にも「ニッポンノワール」や「同期のサクラ」などは離脱寸前です。意外と面白いのは「G線上」や「グランメゾン」です。

コメントを投稿