頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱』ブレイディみかこ

2019-11-04 | books
BREXIT国民投票の結果が発表され。まさかの離脱決定。冒頭著者の夫が叫ぶところから始まる。しかし夫は離脱賛成に入れていたというのが面白い。激しく面白かった「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」の著者が、英国の労働者階級が何を考えているのか、あるいはここ100年の政治を振り返り、英国社会を考察するという意外と硬い本。

なかなか面白かった。

英国のテレビ番組で、離脱派と残留派の家庭の奥さんを交換して、しばらく暮らしてもらうという企画の話が興味深かった。


 


今日の一曲

Coldplayで、"Orphans"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『死者の国』ジャン=クリス... | トップ | 『堕落刑事 マンチェスター... »

コメントを投稿