頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

カッコーは振り返るか

2011-06-14 | poetic inspiration


深夜にYoutubeで懐かしい動画を見てた

70年代の学園ドラマでは、「あの頃に戻りたい」というコメントを見かけた

私も今思う

確かに あの頃に戻りたいと

確かに あの頃は良かったと

70年代は 音楽 映画 小説 全てが鋭かった 毎日が刺激的だった

80年代は 全てがピカピカ光っていた こんな日がずっと続くと信じていた

今はどうだろう

今の若者は 20年後 あの日に帰りたいと 2011年今ちょうどこの時のことを思い浮かべるのだろうか

未来はとても 暗い暗いものなので

今この時は 未来から見れば とても 幸福な時になるのだろうか

それとも 過去とは いつも 輝いているものなのだろうか


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ロックロック36 | トップ | 変わったラーメン »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (wica)
2011-06-20 21:15:20
ふるさん、こんばんは

わたしにとって過去は「螢」みたいなものです

ぼんやりとせつなく、いつもわたしの指のほんの少し先にあります

過去であるはずなのに、手を伸ばしたほんの少し先にあります
こんにちは (ふる)
2011-06-21 15:48:16
★wicaさん、

過去=蛍 ですか。
なるほど。ふむふむ。

「蛍の光」の原曲はスコットランド民謡で、Auld Lang Syneというタイトルだそうです。

歌詞は<旧友は忘れていくものなのだろうか、古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。友よ、古き昔のために、親愛のこの一杯を飲み干そうではないか>という内容だとか。

こちらも過去と大いに関係があるのですね。
過去 (wica)
2011-08-21 00:21:21
ふるさん、こんばんは。

2ヶ月目にして、もう一度考えてみました。

2ヶ月前、私は「蛍」を過去に準えました。

ワタナベは屋上で儚い「蛍」を、夕闇に放ちました。

ボーイングの中で、ワタナベは井戸のことを考えていました。
海外で見た圧倒的な夕焼けに、ハツミさんを思い出しました。

過去のワタナベは、受話器を握りしめたまま、自分が今、いったい何処に居るのか混乱していました。

私も時々、混乱します。

此処はいったい何処だろうと。
ただ、今思うのです。

自分にとって「今」在るのは、過去ではなく未来なのかな…と。

ふるさんは、どうですか?
こんにちは (ふる)
2011-08-23 12:09:25
★wicaさん、

自分にとって今あるのが過去であるのか未来であるかですか。
質問の意図を正確に把握しているか分からないのでトンチンカンな答えになるかもしれません。
私もいったい自分はどこにいるのかな?という感覚に襲われますが、それは時間的なものではなくて、地理的な失見当識です。
自分が海の上にいるのか、砂漠を歩いているのか、人を周囲に囲まれているにも関わらず感じることがあります。

コメントを投稿