頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『戦場のアリス』ケイト・クイン

2019-08-22 | books
1947年、アメリカからシャーリーは戦時中に行方不明になったいとこのローズを探しにフランスにやって来た。手がかりを辿りついたのは英国の元スパイのイヴだった。第一次世界大戦のとき、ドイツ占領下のフランスでスパイとして過ごしたイヴの壮絶な過去と、第二次世界大戦中の話が交互に描かれる。

これは凄まじく面白かった。

イヴはフランスにおけるスパイのリーダーアリスのもとで働くのだが、このアリスネットワークは実在したものなのだそうだ!(わお) また、第二次大戦中のドイツによる信じられないような虐殺事件も実際にあったそうだ。他にも何人もの登場人物が実在したと著者あとがきに書いてある。

イヴがスパイとなり、潜入していく様、情報をとるため危険な目にあう様、読んでいてヒリヒリする。

650頁もあるので、余程の好き者でないと手に取らないかと思うが、好きな人には堪らないご馳走だった。


 

今日の一曲

The Smashing Pumpkinsで、"Ava Adore"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 映画「新聞記者」 | トップ | 『店長がバカすぎて』早見和真 »

コメントを投稿