頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『店長がバカすぎて』早見和真

2019-08-24 | books
谷原京子は書店員。店長の無意味な朝礼は長いし、店頭に置きたい本は版元は送ってくれないし、クレーマー客はいるしで、ストレスたまりまくり。そんな彼女が、先輩や客、作家、営業たちと触れ合いながら怒り、笑い、泣き、成長していく物語。

最初は軽い、おこちゃま向け読み物程度だと思ってバカにしていた。しかし、実は出版業界や書店周辺のあまり良くない環境を赤裸々に描写していたり、また爆笑するような描写があちこちにあったりして、実は傑作だった。

覆面作家の正体とか主人公の恋など様々な読みどころがある。ものすごく読みやすいのに、滋養強壮に溢れる小説だった。本好き必読。


 


今日の一曲

Stingで、 "Desert Rose"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『戦場のアリス』ケイト・クイン | トップ | 『つらいと言えない人がマイ... »

コメントを投稿