頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

湯島天神の絵馬を読む

2009-02-21 | laugh or let me die


高度情報化社会という名の極めて過酷な世界を生きる我々現代人。そんな現代の日本人がいったい何を日々願い生きているのか。その望みを読み取るため、湯島天神を訪問した。そこには飽くなき野望と枯渇した人生の祈りがあった。ドキュメントにっぽん第一回は「湯島天神の絵馬から読み取る、現代日本人の欲望」である。


一見何事もない極めてノーマルな絵馬に見える。しかしよく見てくれたまえ。受験直前のこの時期になって「勉強に」必要な集中力が欲しいと願い出ている。よーく考えてみてみれば、「テスト当日に発揮できる」集中力が欲しいのなら分かる。しかし今から「勉強に」集中する力が身についても、それは遅すぎるのではなかろうか。

ここから読み取れる彼女の今後の人生:

他の人からするともういらない物が実は自分にとっては必要なのである。海から帰るときになぜか日焼け止めを買うというような人生を送ることになる。しかしそれは来年の日焼けを防ぐという超先取り深慮遠謀なる熟慮なのであった。熟慮な女、略して「熟女」と呼ばれるようになる。







上の方を見て欲しい。「父からもお願いします」なんと小さくなんと謙虚な父親なのであろう。

彼女の愛生活の今後:

彼氏が出来ると、柱の陰から「父からもお願いします」プロポーズされたときには「父からもお願いします」と、常に星飛雄馬の姉ちゃんのような守護神が見守ってくれる。







なると断言しているのでこれは願いでないようである。

診断:

理という字が王と里のバランスがとても悪いです。ペン習字をはじめると吉







切実な願いは時に人の心を打つ。

そんなに大学に入りたいのならどこでもいいのなら、学園祭に行けばよいのだ。生協に食堂に行けばいいのだ。明治大学の食堂は麺類おいしいよ。

お告げ:

学園祭で焼きそばを食べると吉







現代人の願望がいかに貪欲であるかのよい例である。

今日の質問:

志望校に受かるか加藤ローサに会えるかどちから一つしか選べなかったらどうする?

今日の設問:

絶対と絶体の違い知ってる?







ふざけた願いのように一見見えるが、今日の「ドキュメントにっぽん」ではこれがベスト「現代日本を表わしている絵馬」としたい。

願望とは、かつて、人事を尽くして天命を待つという、人事は私が尽くしますので、その後の運的なものについては神様仏様なんとかそのあたりはよきに計らってくださいませというものだった。しかし、現代日本ではその「人事を尽くせない」のである。

言い換えると、我々は人事を尽くさないのである。我々は「やればできる子」ではなくて「やらない子」なのである。(「街場の教育論」内田樹

我々はベストを尽くさない、頑張らない、劣等感をバネにしない、勝って優越感にひたらない。まさに「やらない」のである。やればできるのに必要な、「もしやるならば」→「できる」という前提の「やる」が存在しないのである。「やる」が「ない」から「やらない」のだ。ここに現代日本の病があるのだ。

しかし神がその願いを聞き叶えてくれないとも限らないので願えることは何でも願ってしまおう。いつか、貧乏になれますようにとここ湯島天神に書きに来る日が来るのを祈る。




コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 『煙霞』黒川博行 | トップ | 俺を去勢したのは誰だ »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い (betty)
2009-02-21 19:54:50
すごぉく面白いです、これ。
ちなみに、私が今年の1月2日に初詣で近くの神社へ参拝した際、願いの書かれた絵馬たちの前を通り過ぎ様にチラッとその方を見ると「おばちゃんのDSが見つかりますように」と小学校低学年くらいであろう子供の字で書かれた1枚が私の目に飛び込んできました。思わずニヤけました。
さて、この絵馬について何かありましたら、一言でも二言でもお願い致しますm(u_u)m
絵馬 (ふる)
2009-02-22 23:50:33
★bettyさん、

そこの坊主、
残念ながらおばちゃんのDSは
もう戻らない。
俺が乗っているからだ
「深夜プラス1」(ギャビン・ライアル)

私にとってDSとはシトロエンのDS以外の何ものでもありません。
分かりにくくてすみません。
んー (betty)
2009-02-24 00:13:47
坊主のおばちゃんはシトロエン乗ってそうにないっす。
ええっと (ふる)
2009-02-24 12:18:49
★bettyさん、

見つからないほうがよいのです。
おばちゃんの「だからそうなのよ」という口癖、
略してDSなど見つからないほうがよいのです。

すみません。もうボケられません。
ぷぷぷっ (betty)
2009-02-24 22:27:39
OKです('-^*)/

コメントを投稿

トラックバック

本、内田流中国論 (つき指の読書日記by大月清司)
街場の中国論 本は一人の著者を呼び寄せることがある。 私と同じ団塊の世代でほとんど読んでいるのが、この内田樹である。身体知など学者の臭みのない論考が魅力である。いつも取り上げているが、いまは以前とはちがい、新刊では求めない。正月に3冊、入荷メールが入り...