頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『イタリアン・シューズ』ヘニング・マンケル

2019-09-23 | books
離島に一人で暮らす元医師66歳。37年前に捨てた女性が突然やって来た。不治の病いに冒されているらしい。彼女は彼が昔連れて行くと約束した湖に連れて行けと言う。他人との関わりを極力避けてきた彼が、他人と関わるうちに・・・

他人の手紙を勝手に読むようなダメ人間が、段々と変わって行く。ダメ男の再生を静かな筆致で描く。なかなか良かった。


 

今日の一曲

米津玄師で、「馬と鹿」



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『老父よ、帰れ』久坂部羊 | トップ | 『クジラアタマの王様』伊坂... »

コメントを投稿