頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

『暗殺者の追跡』マーク・グリーニー

2019-10-23 | books
超優秀な暗殺者コートランド・ジェントリーはCIAに呼ばれてプライベートジェットでアメリカへ。その途中でイギリスに立ち寄ったとき、襲撃事件は巻き込まれる。同乗していた囚人が拉致されてしまった。ロシアのスパイからCIAに鞍替えをする途中のゾーヤはCIAの施設で軟禁状態にあった。そこでロシアの将軍である自分の父親が殺された現場の写真を見せてもらう。それをきっかけに施設から脱走しようとすると、その施設を何者かが襲った。ゾーヤは何とか逃げた。一見無関係の囚人拉致事件とゾーヤの脱走。これらの結びつきが明らかになると・・・

今までのグレイマンシリーズで最も読みやすいような気がした。動機や手段が納得できるものだったからだろうか。

そして、メチャクチャ面白い。面白すぎる。上下巻3日で読んでしまった。

ものすごく大掛かりなテロを行おうとする話なのだけれど、これがまた恐ろしい。今後どこかで実施されるかも知れないと思うと枕を高くして寝れない、、、(ということはない。)

ピンチの創り方とピンチから逃れる術、どちらも絶品だった。

 
 
今日の一曲

miletで、"inside you"



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『罪と祈り』貫井徳郎 | トップ | 2019秋ドラマちょいとレビュ... »

コメントを投稿