頭の中は魑魅魍魎

いつの間にやらブックレビューばかり

2019夏ドラマちょいとレビュー3

2019-07-31 | film, drama and TV
「セミオトコ」・・・暗く社交性のない木南晴夏、食品会社勤務。あるときセミが人間(山田涼介)になり、7日間だけ木南を癒してくれると言う。これが意外と良かった。暗いけどいい人役の木南が巧い。「トクサツガガガ」の小芝風花のオタクな感じと同様に。山田くんは美少年過ぎてあまり好きではなかったのだけれど、貼ってあったポスターに写る人間になったので、人工的な美がそれっぽくハマっている。


「べしゃり暮らし」・・・高校放送部の人気者間宮祥太朗、人呼んで「学園の爆笑王」。放送中に転校生の渡辺大知が関西出身と知ってブースに連れ込みアドリブで喋らせると、これが面白かった。ぶ色んな事があって、文化祭の漫才コンテストに二人で出場することにした、というような高校生漫才コンビの話。テンポがよく、笑いのネタもいい。初回は今期ベストクラス。


「これは経費で落ちません!」・・・多部未華子は経理部で、厳しく営業マンたちの経費の精算している。終業後、友達と飲みに行くのではなく、一人の家に帰る。会社内のトラブルを解決する、頼り甲斐のある真面目女子。意外と悪くなかった。経理部長や営業部長のキャラがステロタイプっぽかったりするけれど。



今日の一曲

レルエで、「火花」



では、また。


コメント   この記事についてブログを書く
« 『おっぱいがほしい!男の子... | トップ | 『緋の河』桜木紫乃 »

コメントを投稿