福島県は「放射能死灰の町」となった

残念ながら福島県は放射能汚染で人間の住めない廃墟となってしまいました。避難しないのも自己責任。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福島イタイイタイ病(続き):うつ病と放射性物質と福島エイズ

2012年11月05日 | 日記
【速報】静岡県浜松市で、放射線量が急増。
浜松市の人が、
「幼稚園でも目が痛いかゆいという子供が多くてお昼で迎えに行きました。それで放射線量を測ったら、いつもが0.16くらいなのが、今日は0.34に上昇。これが原因かも」
とツイッターで。
 浜松市の人、気をつけて下さい。

****

 数日前、「友人が福島イタイイタイ病で寝たきり」と題して、友人のことを記事にしました。その、続きです。


前回の記事は↓
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/6584924fbe0641ef39290c34b5925f50


 まず初めに。
Q.福島イタイイタイ病なんて聞いたことがないのですが?
A.当たり前です。私たち周辺でみんなが勝手に付けました。福島エイズという言葉が流行していますが、エイズよりはイタイイタイ病の方が適切だと思っています。

Q.デマでしょ?
A.何を言いたいのでしょうか。放射性物質によって健康被害を受けたということを否定したいのでしょ?
私は、放射性物質が原因とは一言も言っていません。うつ病の一環かもしれません。ネット上で喜んでいるだけのあなたより、現実に目の前で寝たきりで横たわっている友人の方が遥かに「論より証拠」です。



 さて、その友人は福島県から避難してきましたが、体が痛くて日常生活も苦労していて、うつ病も発症し、仕事は解雇。
 攻撃的になったり、無反応になったり、ごくまれに「幻影」を見るそうです。それがどうやら家族の「霊媒師を呼ぼう」騒動になったようです。

 しかし、親族が「何をバカな!」と猛反対して説得し、呼ぶのはさすがに中止。

 体が痛いと言っているけれど、原因は何でしょうか?



 その「福島イタイイタイ病」の友人をAさんとします。
 私の友人Cさん(宮城県出身で、結婚後兵庫県で生活)が、そのAさんと電話やメールで話した時に、

Aさん
「Cさん、私が体が痛くて、うつ病で、どれだけ大変か、あんたにわかる?!!!福島県から家族離散で避難してきて、仕事も家も失って、体がこんなに大変で、宮城や岩手で被災者面(つら)している人たちに言いたいよ。あんたたちの被災の苦労なんて福島県民に比べたらバカみたいなもの。そんなちっぽけな苦労で被災地は大変だなんて言う資格はないよ!!!」

 大変な剣幕で宮城や岩手を批判してました。Cさんが宮城出身だとわかってるから。


 うつ病で攻撃的になっているんだけれど、Cさんも電話して思わぬ攻撃に面食らったらしいです。




 宮城や岩手は、今では放射性物質をばらまくオウム真理教と同じなので、同情する余地は全くないし、そこはAさんの言う通りかもしれません。



 問題は、福島イタイイタイ病の原因が何で、どう治療していけば治るのか。それが一番の問題です。
 コメントの中から、カドミウムとか考えられると書いてあって、なるほどと思いました。うつ病の一環だと思っていたけれど、放射性カドミウムという可能性も出てきましたね。水俣病やイタイイタイ病というのは、歴史上存在した公害です。


 



コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 11/7(水)汚染がれきダメ!震... | トップ | セシウムがれきに対する政治... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
放射能ミックスで痛みも起こる。神経もおかしくなる。 (放射能ミックスは神経毒の競合→全臓器不調)
2012-11-06 02:39:25
私は3.11以降、食品や水に含まれているごくわずかな何かの物質で辛味を感じ、体調不良になりました。
いろいろ調べてみると放射線の影響が出る以前に
神経、筋細胞に影響が出るようです。
しかも一種類の物質で起こるより影響が大きいような気がします。多量に摂取すると放射線の影響も加算されてくると思います。
ぜひ、放射線の影響を云々する以前の毒性について公的な検証をお願いしたいものです。

https://sites.google.com/site/tasteofthecesium/a-diao-luo-xin-wen-2/how-to-move-of-ri-ions

自分の対策は今だに試行錯誤していますが、
低汚染食品の摂取では改善せず、
まったく放射性物質を取り込まないようにすると、
次第に3.11近くまで若返ってゆくような気がします。

今後の放射線の影響についてはわかりません。
QOL回復セラピー (山田邦彦)
2012-11-06 09:23:45
私は、放射能は実に様々な病気の原因となると考えています。私は、放射能により出てきた病気の芽を摘み取る、「QOL回復セラピー」を、今年の6月から始めました。原発事故から1年半経過したあたりから、セラピーで摘み取る病気の芽の数が急激に増えて来ています。現時点では、その数、34にもなりました。その中で、自分の一番弱いところから、体に症状として現れて来るようです。ですから、たぶん「福島イタイイタイ病」も、少なからず放射能の影響があると考えます。「QOL回復セラピー」は、遠隔で行いますので、お名前とご住所をお知らせいただければやることが出来ます。一度お試しになってみる事をお勧めします。詳しくは、http://taikosui.com/ をご覧ください。
全部ウソですよね (本当の福島在住)
2012-11-06 11:52:37
全部ウソですよね。ここに書かれている事全てが。それでも人間ですか?
確かにいます (本当の福島在住)
2012-11-06 12:31:02
↑偽物の福島在住が否定してもダメ。福島でも県外れか、偽物か。
体が痛いと訴えている人、周囲でも聞きます。もちろんそれだけではなく、色々と体の具合がおかしいと感じる人も。
健康被害を否定して「デマ」と言う人は、被災地の敵です。人間のクズです。
否定する人は頭おかしい (うつ病患者より)
2012-11-06 12:33:35
デマとか嘘とか言う人は、うつ病の人を全否定しているのでしょうか。体の不調だけでなく、うつ病やPTSD、PDなどの障害や病気になっている人も少なくありません。
こうした健康被害を否定する人は、そうした被災地の人を全て否定しているとしたら、腐ってますね。
福島県民は現実を受け入れろ (Unknown)
2012-11-06 12:42:50
放射性物質、重金属、アスベスト、病原菌、ウィルス。色々な物が福島県を中心に周辺の県まで飛び散り、健康被害が出ていてもおかしくない。
福島県民は、現実逃避するな!どれだけ否定しても、無害を「信仰」しても、健康被害は意思とは無関係に襲ってくる。
「無害」を「信仰」してもダメだ。その現実を直視しろよ。デマとか嘘とか言ってるヤツら、バカじゃないのか。俺の周りでも健康被害を訴えている人が数人はいるぞ。
今はまだ健康で「嘘でしょ」と言っている人も、2年後はどうなってるか、わからないぞ。それを真面目に真剣に考えろ。

それから管理人へ。
クズみたいなコメント書いてくるヤツのコメントなんか、公表しなくていいよ。さらし者にしているんだろうけれど、そんなクズは相手にしない方がいいし、公表しない方がスッキリする。
Unknown (真言宗在家)
2012-11-06 12:51:16
お墓を壊れたまま、放置してるからでは?
その方の体の痛い部分と壊れたお墓の位置がシンクロすることはよくあることです。(科学的には放射性物質)
ご先祖を大事にしてくださいね 
Unknown (迷信はいかん)
2012-11-07 11:49:04

あきれた!何をかいわんや、だがやはり言わざるを得ない。ここぞとバカりに信心商売が湧き出ていて、社会の害悪きわまりない。

お墓に放射能塗れにしたのは誰だ!
ご先祖とは誰か!とりも直さず今生きているご本人の身体に宿っているもの、先祖のDNAのことだ。先祖から受け継ぎ子供に伝えるのに最優先にすべきものだ。
墓石なんか破壊し
たも同然だ。放射能で破壊されたんだよ。そんな危険な場所近づかないことがご先祖のもっとも望むところだと考え至らねば。お釈迦様の墓石じたいが存在しないのです。お釈迦様は「この世もかの世もともに捨てる、二度と生まれ変わらない」と悟りを開いたと最古の経典に書かれている。迷信「仏教」には困ったものだ。

被災した人の弱みに付け込んで商売ネタの迷信を吹き込む奴は地獄に堕ちろ!あっ、この世の迷妄生き地獄をもう今さまよってるか。迷信商売の人、早くあらためなされよ。
放射線量が高い! (浜松在住)
2012-11-07 16:30:37
今日は、浜松市で放射線量が高すぎます。汚染がれき焼却してから、以前よりも+0.20uSv/h増加です。今日もひどい。小学校で、目のかゆみと不快感で多くの子供が保健室へ行ったそうです。
辛い症状ですね (るるる)
2012-11-07 17:54:38
放射性銀がカドミウムになるという話は、さんまの問題(中国から返品されたやつ)で知りました。
魚だけでなく、稲やら野菜などからも検出されることがあるのでしょうね。
やっぱり、汚染地域で採れたものを食べるのはやめないと。
病院に行かれても原因がわからないのでしょうか。
私が実際に試したわけではないので心苦しいですが、MMSを試してみられてはいかがでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事