たぐち日記

なんとペンタブを買いました。
STUDIO Whirlpool たぐちの不定期日記です

かいつぶり

2013-04-06 14:11:57 | ひよこっぽい菓子
京都へ行ったときの自分みやげその2、びわ湖銘菓かいつぶりです。
名古屋コーチン桜と同じで、途中のサービスエリアでつい買ってしまったもの。


パッケージは黄色と紫を主体に、カイツブリの親子の微笑ましい様子が描かれています。
ちょっと目が笑っているのがいいと思います。
左上には琵琶湖のシルエットとMother Lakeの文字が。そうか琵琶湖はマザーレイクだったか。
それにしても浅草ぽっぽといい鎌倉ぽっぽといい、この色合い好きねー。
銘菓ひよ子の黄色と紺色の包装紙リスペクトなのかしら。

さて、包装紙をはがしてふたを開けてみると…

あっ、カイツブリの形のリーフレットが入ってる!かわいいじゃないか!
このお菓子への気合を感じる!これは期待が高まります。
「かいつぶりの別名は鳰とも呼ばれ(中略)母なる湖マザーレークで生命のゆりかごの(中略)雌雄仲良く子育てをします。(以下略)」
(気になったところを抜き出してみました。まったく伝わらなくてすみません)


個包装はこんな感じ。
ピンクのカイツブリもかわいいですね。

包みを開いてみます。どんな子かな?

肌 ガ ッ サ ガ サ!!
肌荒れひどい…。ひび割れしてるし粉吹いてるし。
なんだか左頬に傷もできてる。痛々しい。
そして、なんか…目が…空虚というかなんというか。

背中の焦げ跡がなんだか気がかりです。
どうしちゃったの?

尻も肌荒れひどい…。
ちょっと筋肉質なのか肩のあたりは筋張っています。
苦労をされてきたのでしょう。

他の個体も気になったので、もう一羽取り出してみました。

目が違う!
どちらもくちばしは無くつるんとしているけれど、目の表情は全然違いました。
でも肌荒れは同じ。うるおいが足りない感じ。


!!
背中の焦げ跡、ずいぶん違うな!(左が一羽目、右が二羽目)

そのとき一緒に居たサキさんが気付いたのですが、
背中の焦げ跡、「鳰」って書いてあるみたい。
ちょっと右上がりで、崩した文字で。
…ほら、見えてきた!
左はとても読めないけど!
そして二羽目の方が筋肉質。体鍛えてるのかカイツブリ。

この後いただきましたが、白餡のスタンダードな味でした。
甘過ぎずあっさりめだけど、見た目どおりうるおいが足りなくて口の中の水分を持っていかれます。
お茶必須!

※いままでのひよこっぽい菓子記事(左のカテゴリー欄「ひよこ風のお菓子」からも見られます)
浅草ぽっぽ
なかよし小鳥
鎌倉ぽっぽ
きぬのさえずり
ことり
名古屋コーチン桜
(番外編)ぼくポチ

鴨サブレはひよこっぽい菓子ではないのでまた今度。
豊島屋の鳩サブレーを買ってきて比較しながら食べようと思っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋コーチン桜

2013-04-05 14:31:40 | ひよこっぽい菓子
京都へ行ったときの自分みやげ、銘菓名古屋コーチン桜です。
京都なのになぜ名古屋コーチンなのかというと、途中のサービスエリアでつい買ってしまったからです。
ほぼ条件反射で。自分が怖いです。


パッケージはピンクで春らしいです。
つがい(?)の名古屋コーチンが睦まじい感じでいいですね。
右下には「名古屋コーチンの卵使用」と書いてあります。
そうだったのか。

包みをはがして箱のふたを開けると、名古屋コーチンたちがこちらを見ています。

見ているようで見ていない気もします。
なんだか微妙に視線を逸らされているような。
私の左になにかあるの?

とりあえず二羽取り出して撮影です。

胸に名古屋コーチンと書いてありますね。
翼や尾が黄色と赤のファイヤーカラーでかっこいいです。
でもやっぱり視線は逸らしています。

個包装をはがしてご対面!

あら!かわいい!!
目の部分が凹んでいるのではなく、凸状で表現されているものには初めて出会いました。
くちばしもプリッと出ていて、顔のバランスもすごくいい。文句なしにかわいい。
でも、後頭部のいぼ状のものが気になります。あと額部分に焦げ跡が。

いぼが気になったので、もうひとつ開けてみました。

あっ、やっぱりいぼ…!!
額の焦げ跡もくっきり。

後姿はこんな感じ。
いぼの場所は大体同じですね。
それにしてもくちばしかわいい。


ひとくち食べてみました。
中身がピンク色!
肉色!と思ったけれど、桜味の餡でした。
そういえば包みに名古屋コーチン「桜」って書いてあった!
程よい甘さと桜の香りでおいしかったです。

いぼは気になりますが、ひよ子にも引けを取らないおいしさでした。

※いままでのひよこっぽい菓子記事(左のカテゴリー欄「ひよこっぽい菓子」からも見られます)
浅草ぽっぽ
なかよし小鳥
鎌倉ぽっぽ
きぬのさえずり
ことり
(番外編)ぼくポチ
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おえかきポチ

2011-06-16 22:36:37 | ひよこっぽい菓子

新宿伊勢丹の地下で見つけた、いつぞやのぼくポチの仲間らしきお菓子。

パッケージを開けてみると、のっぺらポチとチョコペンが入っています。

なるほどこのチョコペンで自分のオリジナルポチを作るのね。

…というわけで描いてみました!

まずはまゆげ!なかなかいいあんばい。


3mさんに描いてもらったポチ。けっこうかわいい。


最後にしじみ!うーん…、なかなか難しかったです。
黒い犬だからチョコ塗りたくってもよかったかも。(食べにくそう~)

3匹正面顔


個性の出るおしり



お味は、白あんとチョコでちょっと不思議な味。
すこし甘めなので渋めのお茶がほしいところ。
残ったチョコペンの中身はチューチュー吸っていただきましたよ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ことり

2010-09-03 00:21:21 | ひよこっぽい菓子
先日(といってもけっこう前)駅前のコンビニでこんな手作りPOPを見かけました。

ひよこと書いてあるけど、あの「銘菓ひよこ」ぽくない庶民的な雰囲気。
久々にきたか、「ひよこっぽい菓子」。
もちろん買って帰りました。

机の上で記念撮影。2羽も入っていてお得ですね。


さて、裏返して正式名称を確認。


……ですよね~。
「ことり」でした。あのPOPあれでいいのか…?

では開封しましょうかね。 ……!!?

ま さ か の 4 つ 目 。
なぜ4つにしたのか…。謎は深まります。

とりあえず食べてみました。
お味は本物のひよこに似ておいしかったです。
皮が香ばしいのもよかった。
いままで食べた「ひよこっぽい菓子」のなかでは一番ひよこに近い味でした。
さすがコンビニで売られているだけある。
さすがPOPにひよこと書かれているだけある。
でも目が多い。

ちなみに横からのショット。

袋の中がせまかったのか、胸が絶壁です。


※いままでのひよこっぽい菓子記事
浅草ぽっぽ
なかよし小鳥
鎌倉ぽっぽ
(番外編)ぼくポチ
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きぬのさえずり

2009-07-12 23:37:37 | ひよこっぽい菓子
写真がよくないから「きぬのさえずり」の記事は書かないでおこう、と思っていたのですが、やっぱり書くことにしました。
「きぬのさえずり」は鬼怒川温泉に行ったときの実家へのおみやげです。

鬼怒川温泉駅前のおみやげ店で「お、久しぶりにひよこっぽい菓子見た~♪」と思い購入。
数日後、実家に持って行き開けてみました。
そうしたら……あれっ?

判りにくいですが、下段の3つはひよこ形じゃなかったんです!
なんたる欺き!許すまじ!
(※上段がひとつ抜けているのは食べちゃったからです。個数はちゃんと入ってましたよ)
たしかに値札に7個入りとは書いてあったけど、4つは鳥形で3つは卵形なんてひと言も書いてなかったよ…。
なんだか損した気分。

中身はというと…

お、ちょっと浅草ぽっぽ似!
きぬのさえずりの方がちょっと頭が大きいかな?
母曰く「目が、人の鼻の穴みたい」。確かに。
それを聞いていた妹が、箸でぷすっ。

「ワーオ」って表情。
うん、もう鼻には見えない。

「きぬのさえずり」は中身よりも卵形が混ざっていたのが印象的だったのでした。
う~ん。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぼくポチ

2009-07-04 00:43:31 | ひよこっぽい菓子
今日のお菓子は鳥ではありません。


がさごそ…


「こんにちはー」


「………」


「ぼくポチでーす」


…かわいいなぁ。
この「ぼくポチ」は2006年の秋に妹からもらったものです。
しっぽまでちゃんとあって可愛い!

調べてみたらもめん弥というお店の商品でした。
そして、ごくまれに「幸運のまゆ毛ポチ」がまざっているとか!
うわぁ、見てみたい…。
しかしなかなか手軽に買える価格じゃないのが残念…。
こんなかな…?



包みの向こうからこちらを見ているポチ。なごむ…。



3日連続でひよこっぽい菓子シリーズを更新してきましたが、ネタが尽きたためとりあえずこれでいったん終了にします。
(本当は、鬼怒川みやげ「きぬのさえずり」なんてのもあったのですが写真がよくないのですよ)
またなにか買ったら記事にしますねー♪
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鎌倉ぽっぽ

2009-07-03 23:59:59 | ひよこっぽい菓子
今日は昨日に比べたらかなり刺激が薄いです。
というか、あれ以上のものをまだ見たことがないです…。


とりあえず包装紙は素朴なかわいさ。


中身も無難な感じ。
包み紙とちょっと雰囲気違うけど、包み紙の絵よりも中身の方が鳩っぽく作られているのかも。

「鎌倉ぽっぽ」はちゃんと鎌倉みやげです。
なかよし小鳥を買った翌々週に鎌倉に行ったので、当時お勤めしていた会社へのおみやげとして買いました。
…というのはもちろん建前で、本当はなかよし小鳥の衝撃が忘れられず自分が欲しかっただけです。

それにしても「鎌倉ぽっぽ」と「浅草ぽっぽ」、包装紙の紙質と印刷の刷り色が同じ!
同じ工場生まれかもしれないけど、ずいぶん顔立ちが違ったなぁ。
実はぽっぽシリーズは全国に散らばっていたりして…。
それぞれの地域で顔立ちを変えて作られていたりして…。
でも包装紙の紙質と刷り色(スミ・赤・黄色・紫色)だけは変わらなかったりして…。
想像だけはふくらみます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なかよし小鳥

2009-07-02 23:51:36 | ひよこっぽい菓子
今日はみなさんに恐怖画像をお届けします。
覚悟して見てください。

↑画像をクリックすると拡大写真を別窓で開きます。


…見ました?
これが、たぐち家が恐怖したという「なかよし小鳥」です。
全身でなにかをうったえているような(怨念的な…)雰囲気があるのですが、特に目が怖いよ~!

そして…

中に入っている写真とずいぶん顔つき違うじゃないかー!
(画像クリックでちょっと大きい写真を別窓で開きます)

2006年9月に、外出先のスーパーのお中元残り物セールで買ったものなのですが、帰って開けてみて家族で
「ギャッ!!」ってなりました。
ただの「銘菓ひよこ」のパチモンかと思いきや、こんなに破壊力があるものだったとは…。
これがトラウマ(?)となり、しばらくひよこっぽい菓子を買っては撮影していました。
自動車の高速教習のおみやげに浅草ぽっぽを買って帰ったのもこの「なかよし小鳥」の影響です。

げにおそろしやなかよし小鳥…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浅草ぽっぽ

2007-02-20 23:50:32 | ひよこっぽい菓子
今日は、高速教習を受けました。
第三京浜を使って
玉川から保土ヶ谷パーキングエリアまで行ったんです。
そこで、おみやげを買いました。

浅草ぽっぽ

保土ヶ谷(神奈川県)で浅草ぽっぽ
というのも不思議なものですが。
家に帰ってさっそく開けてみると…

顔がしわしわでした…。
もうひとつ開けても、同様のしわしわ顔。
3つめでやっと

つるんとした顔。
でも、あの有名な名菓ひよ子とはなんだか違う。
クチバシがあるのかないのかはっきりしませんよ。

4つめに至っては肉(あん?)が見えちゃってました。

浅草ぽっぽ、3羽そろいぶみ。
それぞれが違った人生を歩んできたんだろうな…と
感じさせられるすばらしい姿。

-----
近ごろ、名菓ひよ子っぽいお菓子を
気づいたときに買って撮影しています。
飽きるまで続けるつもりです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする