木曽Now

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

実ができないのですよね!

2017年05月11日 08時00分40秒 | 木曽Now
開田高原アメダス  今朝の最低気温   9.0℃  昨日の最高気温  15.8℃
木曽町新開     午前8時の気温  11.0℃       天気   霧雨

木曽福島から
開田に向かう
国道361号線沿いは
山吹色一色だ。

山裾から
中腹あたりまで
ヤマブキが
咲き誇っている。

辞書で調べると
山吹色は
ヤマブキの色。
とある。
色の名前になった
植物でもある。

江戸時代は
お金をも指した
ありがたい?
言葉でもある。


昔観察会で
「ヤマブキには
実ができないのですね!?」
と聞かれて
驚いたことがあった。

いえいえ
雌しべも雄しべも
ちゃんとありますから
果実はできますよ。

と言うと
太田道灌の逸話から
できないものだと
信じていたとのこと。

七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき
と言う歌は
それほど影響力が
あったのかと
感心した。

昨日
車から降りて
その証拠写真を
撮った。

バラ科特有の
たくさんの雄しべの
中に埋没しているが
5本ほど確かに
雌しべが見える。

雌しべ雄しべと
そろっていても
果実ができない植物も
確かにある。

しかし
ヤマブキは
確実に実ができる。

この写真があれば
もっと納得してもらえたのにと
思った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲の良いご夫婦?! | トップ | 三日見ぬ間のこごみかな。 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤマブキ (ヒトリシズカ)
2017-05-11 09:04:37
fukurou0731さん

今回は”定説”といわれている話の中身は、しっかりと確認しましょうという教訓です。

佐久荒船高原の標高が低いところでは、ヤマブキは花盛りです。確か、一重と八重と両方あったと思います。

これまで、毎年、ヤマブキが花を咲かせているのを漫然と見てきましたが、雄しべと雌しべの確認はしてきませんでした。

太田道灌の歌が有名で、実ができないと思っていました。関東地方では、江戸城の礎を築いた歴史上の人物として、太田道灌を学びます。
おはよう~ (さいちママ)
2017-05-11 11:06:46
ヤマブキの花、八重には実を付けるのは見たことがないですね。
一重には?う~~~ん気を付けて見たことがないのでわかりませんが
白ヤマブキには黒い実が付いています。
はなは白と黄色の違いだけの気がしますのでたぶん実は付けるのかもね(笑
今度関心を持ってみてみましょう(苦笑
山吹色 (こいと)
2017-05-11 12:24:28
植物由来の名前を色に付ける古の日本人の感性は、素敵ですね。
山一面に咲き誇る山吹の花は、見たことがありません。
日に当たると、それこそ黄金に輝くのでしょうか。
お花の季節の始まり、これからがますます楽しそうですね♪
また写真を見せていただけるのを、楽しみにしています。
Unknown (ばらりん)
2017-05-11 13:02:33
須玉では、ヤマブキはどんどん増えて
あまりありがた味の感じられない花ですが、
黄色い花は元気をくれますね。

確かにシロヤマブキは黒い実を付けていますが、
これからは黄色いヤマブキも注目してみます。

山吹 (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-11 14:06:38
この花は、全国どこでもあるようですね
先日久住高原に行ったのですがそこでも
沢山の山吹や、山菜が採れていました
今度は信州で山吹や山菜に出会えることでしょう
ご心配頂きましたが、無事に信州に戻り
明日から通常のリズムに戻ろうと
思ってます。
ヤマブキ (イケリン)
2017-05-11 14:07:11
いろんな観察会に参加しても、
ここまでの解説を聞くことはありません。
証拠写真を見れば納得ですね。
まだ、当地でもヤマブキは咲いていますので、
早速見て見てみたいと思います。
 八重山吹と白山吹 (雀(から))
2017-05-11 15:05:35
昔から我が家の垣根の一部にある山吹は八重山吹で、太田道灌さんの逸話に出てくる山吹は、多分、これの事だと思いますけど、もう一つに、大叔父のところから頂いてきた白山吹は漆黒の大きな実を付けますね🙋
太田道灌の歌が有名で (はなこころ)
2017-05-11 15:40:02
ほんと
ですよね~

ヤマブキは、黒い実を
つけるのですね。

なんか名前からすると
柑橘系の実をつけそうです。

黒い実は、似合わない・・気が、します。

・・はなこころ
Unknown (はなこころ)
2017-05-11 16:26:33
笑・・・さるく編です。
さるじゃ、ないです~~~

さるくは、熊本弁で「まちをぶらぶら歩く」という意味です。

・・はなこころ その2
Unknown (kazuyoo60)
2017-05-11 16:46:48
一重ヤマブキの実、ちゃんとネットに載っていました。5弁で5個の実です。
http://tnt-lab.eco.coocan.jp/s/nat/yamabuki/yamabuki.htm
八重ヤマブキは確かに実は出来たことがありません。一重が無いので実際に見たことは無いのですが。

コメントを投稿

木曽Now」カテゴリの最新記事