Fさんの日々の記録と山歩き

 山歩きが生き甲斐の団塊世代オッサン、ある事無い事日々感ずるままに綴っていこうと思います。

NHKテレビ番組「BSコンシェルジュ」の収録を観覧

2019年01月08日 | 映画・コンサート

 1月7日(月)

 ネットでテレビ番組の観覧に応募していたのだがラッキーな事に当選し、午後1時に過ぎ渋谷のNHK放送センターを訪れた。当選者は我々夫婦を含めて19名程で、殆どが毎日サンディーの団塊世代のようだ。各々が渡された入門カードを首に下げ、係員に誘導されてNHKの館内に入る。迷路のような通路を通って、さして広くも無いスタジオに案内された。

 渋谷駅前のスクランブル交差点を渡ってNHKへ

 NHK放送センター

 今日収録されるのは「BSコンシェルジュ」という番組で、ご存じの方も居るだろうがゲストを招いて話題のNHK番組を紹介するというのをコンセプトにしている。

番組を進行するのは少し太めで元気いっぱいの稲塚貴一アナウンサー、サポートするのが美人のものまねタレント福田彩乃さん、そしてゲストは時代劇の大御所、里見浩太朗さんだった。

 出演者が登場する前に、ADの女性が観覧者の緊張を解きほぐそうと軽いトークで場を和ませる。そして「二人分の大きな拍手をお願いします。」と言って、拍手の練習をさせられる。イイ齢をして幼稚園児のような気分にさせられる。

 収録直前に稲塚アナウンサーと福田彩乃さんが登場し、スタジオ内を盛り上げたところでゲストの里見浩太朗さんが登場した。里見さんと言えば、私が子供の頃から映画の時代劇で活躍していた息の長い俳優さんだ。

 収録は午後2時から約1時間半掛けて行われた。今日紹介された番組は、今週金曜日から始まる「BS時代劇“小吉の女房」という時代劇だ。幕末の英雄「勝海舟」の幼少時代を描いたドラマで、里見浩太朗さんも重要な役どころで出演している。

 番組の見所や裏話を、里見浩太朗さんに伺うというトーク形式で収録が進む。進行役の二人はカメラの横でをディレクターが飾すアンチョコを見つつ質問するのだが、応える側の里見浩太朗さんの話ぶりが簡潔明瞭で声にも張りがあり、とても御年82歳とは思えぬ若さだ。長く第一線で活躍する役者さんは、凄いものだと感心させられた。

 収録が終わり、我々の拍手を背に里見浩太朗さんは足取り軽く帰って行った。残された我々観覧者は、再び係員に誘導されてNHKの玄関へ出た。貰ったのは番組紹介のパンフレットだけだったが、テレビスタジオに入ったのが初体験だったので、けっこう楽しい一時を過ごす事ができた。

 我々が拍手と笑い声だけで出演した「BSコンシェルジュ」は、今週金曜日午後0時20分から放送されるそうだ。もしかしたら私の後頭部位は登場するかも知れない。だけどコッ恥ずかしいので観るのは遠慮しとこう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成最後の部分日食 | トップ | カラパタールトレッキングで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。