ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

京都2009 俵屋のお部屋 その2

2009-07-30 23:30:09 | 京都
hiyokoです。



お部屋編、続きます。


簡単にお部屋の構造の説明をします。
まず玄関を入ると、正面には竹で出来た仕切りがあり、その下に冷蔵庫やお水の
セットなどが置かれています。その仕切りの裏側は、リラックススペースである
次の間になっています。
入ってすぐ右側にはトランクを置くスペースがあり、その奥には暖簾がかかって
いて洗面所などの水周りスペースがあります。玄関から左側に行くと客間です。



玄関を入ってやや右向きに目を向けたところ。

竹でできた仕切り。裏側はリラックス用座椅子のある次の間。
右側の暖簾の奥が洗面所。


冷蔵庫と水差しが置かれている棚。

このカバーの布地、アジアのものですよね。バリとか。必ずしも日本の物に
固執していないんですよね。ひたすら、この旅館の空気に合うものだけが
選ばれています。


ピカピカに磨きこまれた洗面所のシンクや鏡。シンクはシングルです。

ふかふかタオルにドライヤー。洗面台のスペースがちょっと狭いかな。


俵屋さんのアメニティ。

どれも、厳選されたものばかり。歯ブラシも使いやすかったです。


ご存知、俵屋のオリジナル石鹸「サボン・ド・タワラヤ」。
俵屋さんのお土産の一番人気ですね。

ちょうど豚インフル騒ぎの最中で、消毒液が置いてありました。
えーと、ひげ剃り用具は誰が使うの???


洗面所の右側にはトイレがあります。トイレ内の手洗い。

シンクの内側は銅版。


洗面所にかけられている匂い袋。これすごく可愛いいんです。




そして、洗面所の左側がお風呂場です。ここからもお庭の楓が見えます。

俵屋さんでは、恐らく一番小さいお風呂ではないでしょうか。
俵屋さんには大風呂がないので、各お部屋のお風呂に入ります。
お部屋に到着した時点で、既にちょうど良いお湯加減になっていました。



俵屋さんのお風呂は、高野槙という木を使っています。檜ではないです。
東寺の弘法市で売られていたあの木です。
私、檜のお風呂が一番だと思っていたのですが、お風呂の素材としては高野槇
が、長持ちし、匂いもよく、水気や湯気に強く、最適なのだそうです。
その事は、村松友規さんの「俵屋の不思議」という本で知りました。


この「俵屋の不思議」は、俵屋さんの真の姿を知る事ができるバイブルのような
本で、たくさんの「驚き」がここには書かれています。
私も今回に備えてこの本を読み、訪れる前から妄想の世界へと導かれていました。


お風呂の掃除は、男衆さんのお仕事だそうです。




どうです?気持ちいいくらいきれいでしょう?こんなに清潔感
あふれるお風呂って、そうそうないんじゃないでしょうか。


「俵屋の不思議」で特に印象的だったのが、「洗い屋」という存在です。
木のお風呂というのは、いくら毎日キッチリと掃除をしても、その木の
白さを保つ事はできないわけで、2年に一度ほどは、この洗い屋さんが
美しい状態に生き返らせるのだそうです。
その仕事ぶりをここで語るのは長くなるので割愛しますが、それはそれは
手間のかかる作業なのです。こういう職業があることも初めて知りました。


そういうわけで、このお風呂に入って実際にこの木肌に触れ、「洗い屋」
という職人の技、仕事に対する誇り、人間の手で仕事された温もりなどを
ぜひ感じてみたいと、今回の滞在でも特に楽しみにしていました。
その気持ちよさは、言葉では上手く表現できないほどのものでした。


ただ、、、最初の滞在は、この本を読まずにしてみてもよかったかなと・・・。
何も知らない状態でこの旅館の居心地良さ・感動を体験し、それが何故
なのかを後で本を読んで知り、2度目の滞在でその凄さを一つ一つ味わう
というのもよかったかな・・・。
今になって、そんなことを思ったりしています。

ま、2度目はないかもしれないので、やっぱり読んでおいて良かったか!



長くなってしまったので、次回もお部屋になってしまいました







ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 中華対決 「広味坊」と「わさ」 | トップ | ウチは俵屋じゃないよー。 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい感じ (まあぶる)
2009-07-31 07:34:28
俵屋の不思議、読んでみなくちゃ!!
宿泊するのがいつになるのかわからないし(笑)
俵屋さんの写真、なんだか懐かしい日本の香りを感じます~。
トイレ内の手洗いとか、お風呂とか。
そういえば、昔は家のお風呂も木だったんだなーとか。何の木使ってたんだろ?
お手入れが大変なのであまり使わなくなったのでしょうね。
でも、木の香りにつつまれた入浴タイムいいですね~。
Unknown (daniella)
2009-07-31 08:06:07
そうそう。お風呂場のこの感じ !
1度しか経験していませんが懐かしい空気感☆
私も一生に1度の贅沢と思い、しっかり「俵屋の不思議」を
読みこんでから投宿しましたが、確かに最初は
何の予備知識も持たずにただ感じてみるというのも
素敵かもしれませんね~。
でもきっとhiyoko大先生には2回目が訪れるでしょう ! (予言)
Unknown (Nazli)
2009-07-31 10:44:18
hiyokoさん、おはようございます♪
うふふ、いつ感動を味わうか、贅沢なお悩みですわーん。
でも私も、daniellaさん同様、hiyokoさんには2度目、3度目があると想像&断言しちゃいます!

それにしてもホント、気持ち良いくらいの清潔感ですね。
木のお風呂場をこれだけ美しく保つって、相当大変だと思われます。
さすがですね。
「俵屋の不思議」 (ゆうきい。)
2009-07-31 11:00:05
私の宿泊はいつになるか分かりませんが。。。
ご本を今から読み込んでおくか、否か悩みます!

ショップには今年中に訪れる事ができそうなのですが。。。

それにしても、木のお風呂いいですね。
心まで洗われるようです。

質問なのですが、石鹸の横に写っている温度計?のようなものは何でしょうか?
とんでもないですぅ~!! (yoyoya_yk)
2009-07-31 17:58:35
hiyokoさ~ん、そんなの全然大丈夫ですよ~!!
私のほうこそ「hiyoko、こんにちは」「Fukunosuke、また美味しいものを食べましたね」とやらかしてしまいそう....(っていうかもう既にかも???)
こんなに気にしていただいてるのに、私ときたら昨日ベッティーナさんからメールもらうまで気がついていませんでした。ここ2,3日出歩いていてコメントが遅くなってしまい、こちらこそゴメンナサイ。。
これからもどうぞ宜しくお願いします!!
Unknown (みゆ)
2009-07-31 18:29:16
こんにちは
俵屋さん、何とも言えない趣がありますね
では私はそのバイブルを読まずに一度目の滞在を
経験してみます(い、いつ??)
俵屋さんのグッズが売っているギャラリーに行ったことはありますが
なんとか手の出るお値段のものは石鹸だけ・・・
だけど石鹸はバリで買うので、何にも買わなかったんです(せこいですね)
お食事編も楽しみにしています^^
Unknown (izola)
2009-07-31 18:48:14
姉さんの写真にあの日を鮮明に想いだします。

確かに、予備知識無しに訪れた方が新鮮な感動を
受けるかもしれませんね~。

でも、ここは予備知識があるからこそ
心に留まる小さな感動も沢山ありますよね。

私も俵屋の不思議の中では洗い屋さんの章が
一番印象的で、初滞在の時は
真っ先にお風呂場に行きました。笑。

どっちにしても素晴らしいお宿であることに
変わりはないということでしょうか。

次こそはかしまし三姉妹で突撃か~!??笑。
まあぶるさん (hiyoko)
2009-07-31 20:08:29
コメントありがとうございます~!!

ほんと!昔はどこの家も木のお風呂でしたよねー。
お手入れ大変だったでしょうね。。。今は楽ちん♪
そういえば、父の実家はすごい大家族だったのですが、昔のお風呂は、お風呂やさんみたいにタイル張りでした。
一般家庭としては珍しかったと思うのですが、きっとあの大家族では木のお風呂だと傷みが早かったのでしょう。生活の知恵ですね。
トイレの手洗いのシャワー式の蛇口、懐かしいですよねー。
最近、全然見なくなりました。

俵屋の不思議、とても面白かったです。
文庫本も出ているようですが、写真がきれいなので単行本をおすすめします。
何度読んでもウットリ出来ますよ~。
daniellaちゃん (hiyoko)
2009-07-31 20:15:35
コメントありがとうございます~!!

daniellaちゃんの俵屋レポ、あれは本当に素晴らしかったです。
何度読んだことか・・・。
でも、あの本を読んだからこそ、感動も大きく、それがあのレポに繋がったわけで、やっぱり読んでから行った方がいいのかも。
私なんて、読んで行ってもなかなかレポ出来ないのに、もしも予備知識なしで泊まっていたら、100分の1も良さを理解できず帰ってきたことでしょう。
んー、やっぱり読んで行って正解だったんだ。
よかった!

ムフフ、2回目はあなたも一緒やよ~。(悪魔のささやき、、、)
Nazliさん (hiyoko)
2009-07-31 20:26:56
コメントありがとうございます~!!

えへへ、やっぱり早く感動を味わって良かったかも。
あとで本を読んだら、すぐにでも確認しに行きたくなっちゃいますから。(笑)

うーむ、2度目3度目、あるかな。。。あるといいな。。。ムフフ。

この木のお風呂は、本当に気持ちよかったです。
こんなに気持ちのいいお風呂はなかなかないのでは。
お風呂に限らず、俵屋さんは見えない部分での惜しみない努力をたくさんされていて、それが居心地の良さに表れるのだと思います。
すごいことです。
そのすごさは、本を読んで知ったわけで、やっぱり事前に読んでいてよかったかな。

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事