ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

9月末日。

2022-09-30 23:02:53 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ(*´ω`*)

今日で9月も終わりですね。
日中はまだ汗ばむほどの気温なのですが夜になると涼しく
秋らしい虫の音が聞こえてくるようになったちゃむ地方です。

それもそのはず、気づけば明日にはもう10月。

ヤバいほど時が過ぎゆくのが早い(;´・ω・)
みなさまは、どのように流れゆく時間を感じていますか。

9月をふり返れば、毎日が忙しくて時間が足りなく感じた1か月でした。
本業の介護福祉士の仕事で、新規に通所始めた方が・・・

「8時までに迎えに来てください。」とか(;´・ω・)=3うち9時からなんですけど?
8時にお迎えに行くと言うことは準備諸々、7時すぎには職場へ行かなきゃいけなくなるのですよ。
8時に迎えとなっているのですが、職場について準備をしている時に電話が鳴り
「もう外で待っているので、来てもらえませんか?」と。

えーーーーーーーーーーーっ。まだ7時半よ?Σ( ̄□ ̄|||)
8時に迎えに行くことも通常アリエナイのに。

でも通所始めた数日は、ご自宅に迎えに行くとベットの上で寝ている利用者さま
ちょっとお願いします、と家の中へ呼ばれ・・
前日帰宅したままのオムツとパッドがそのままの状態になっており
痛がってできないからやってくれ的な?

私はヘルパーじゃないので自宅内での介護はできないのですが
元々、この利用者さまは独居暮らしで熱中症になり入院。
ひとりで生活ができるようになるまで、息子さんが通って面倒をみる。という約束?で退院。
1日、2日で介護ができるのならば介護士は必要ないですよね。

やれやれ。と思いながら排泄介助をし着替えさせ連れ出し通所。

そんな状態が続き、担当ケアマネに報告。
息子さんができるようになるよう話をしていただきました。
んで、息子さんがなんとか準備ができるようになってきたものの・・・
早く来てくれ。と電話ですよ(;^ω^)

高齢者の方が福祉事業所を使用するのには、認定調査というのを受け
介護の必要性を区分判定し、その介護度によって1か月に使用できる点数が決まります。
介護や支援が必要な人ほど点数が高くなっているのですが
その点数を使い切った場合は、介護保険適用外の扱いとなり
点数内であれば、自己負担は2割もしくは3割負担で使用できるものが10割負担となるので
金額が跳ねあがることに。
なので、点数内に収められるようにプランを考えたり提案することも。

今回のご利用者の息子さんは、介護をしたことがなく今回初。
いろいろ諸事情を含め、週7日での通所。
少しづつ介護に慣れていただければと配慮。

でも、やらなきゃできないのですよ。
できないことはいつまでーもできない。
介護度が高くても、せいぜい週5日の通所で点数がなくなりますよ?
譲歩し、配慮して朝延長をかけずにしていますが・・・
早出をしたところで退勤時刻はかわらないし、給料もかわらない。

まぁ、これは利用者さまやそのご家族には関係のない話で
ちゃむの職場の問題なのですけどね(´;ω;`)

心病んだ時には無心で働くに限る。



そして娘っ子さんたちのかわいい姿に癒されながらひたすら歩く。
いつもの道をトコトコ。
ルートを変えると、ソラさんが不安そうにあたりを警戒しながら歩くので
いつもの道をトコトコ。

歩き方もしっかりしてきて、走り寄るランナーさんにも慣れてきてくれました。
いつもの道なら、少しスンスンしながら楽しそうな表情も見せてくれるようになってきたソラさん。
お散歩行こうか。と声をかけると「行きます!」と喜ぶ姿も( *´艸`)

お外で排泄をほぼしない警戒パトロールなハルさんですが、ソラさんは逆。
小分けに便ちゃん4回はする(;^ω^)1回でまとめてしてお願いできませんかねと心で思うのは内緒。



季節の変わり目でお天気の悪い日もあったけど、それなりに歩いた9月(*´ω`*)
ってか、55時間半も歩いたのか。
10日のうち、2日以上は歩いていたと思と・・・
その2日間で何かできたような気もしなくもないけど、娘っ子さんたちとの大切な時間だものね。
歩いてくれてありがとう。

1日でも長く一緒に歩けるように、楽しみながら歩きたいと思うちゃむなのでした。
みなさま、涼しくなってきた夜に歩くのは楽しいですよ(*´ω`)



最新の画像もっと見る

コメントを投稿