ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

生きる力を信じる(*´ω`)

2021-02-05 19:52:08 | フクロモモンガ・その他

こんばんわ(*´ω`*)

先日、気になっていた子について問い合わせをするとすでにご家族さまが決まったとの事でした。
相方さんの相棒探しはまだまだ続きそうです(;´・ω・)=3




現在ちゃむ家にいる最年少のbabyさん。
完全脱嚢したのかしていないのかの状態の時に、ママが育児放棄(;゚Д゚)

せめて、もう少し大きくなっていてくれれば希望も膨らむけれど・・・
まだ僅か8gのツインズちゃんたち。

脱嚢が近くなるペアさんたちがいると、念のため準備しておく保育室。
育児放棄の経験は、そう多くもないけどちゃむ家でも何度か経験していて
日頃から備えておくことの大切さを改めて感じました。
脱嚢してすぐのbabyさんたちの体重は、一人っ子、双子ちゃんと違いはあるものの
8g~12gほどしかありません。
まして、この冬の季節だと気づくのが15分と遅れれば命に関わってしまうほど。

開眼期を迎える頃になれは、体重は16g~20gほどになっているので
助けられる確率も全く違うのですが・・・今回は、まだ幼すぎ(;゚Д゚)

正直、この子たちの生きたいと思う力にかけるしかないのですよね。
生きたいという力が残っている限り、全力で助けたい。
人口哺乳をしてもスムーズに飲んでくれず、教えてあげなければ飲んでくれません。
それから温度&湿度を管理し、3時間おきに排泄を促し、そして体重を測りミルクを飲ませます。

体重8gの子が飲むミルクの量はわずか0.8~1㏄。
時間をかけ誤嚥に注意しゆっくりゆっくり。
ツインズちゃんの授乳が終わるころには1時間以上過ぎていることも。
仮眠して、すぐに授乳の時間(*ノωノ)

気を抜けば、生きようとする希望を失ってしまいますからね。

この子らが育って部屋の中を遊びまわる姿が見たい( *´艸`)
大きな楽しい世界が広がっていることを教えてあげたい。

がんばれ!がんばれ!babyちゃんも少しづつ体重も増え18g。
開眼もしてくれました。

また、フクロモモンガさんは脱嚢して一定期間過ぎ開眼するのですが・・
育児放棄などの理由から開眼期が遅れると、目は失明してしまいます。
ちゃむ家の次男くんが溺愛するジャックくんは、育児放棄で開眼が遅れ片目を失明してしまいましたがとっても元気ですよ。
「ももんが用の眼帯とか作れば?」と次男くんから言われましたが
邪魔でしかないじゃないか!(;^ω^)と却下。

シリンジで少しづつ飲んでいたミルクも、自分の力で飲めるようにしないとだよね(*´ω`*)
現在はベタベタになりながらも、チャレンジしてるツインズちゃん。
食後はしっかりと体を拭いて、冷えないように注意しないと。

まだまだ気は抜けないけど、頑張る姿に踏ん張る力をもらう相方さんとちゃむなのでした。

コロナウィルスの、その感染威力はまだおさまっていません。
みなさまもう少し踏ん張りましょう。
緊急事態宣言が解除されたら、お客さまとたくさんお話したいと願うちゃむなのでした。

コメント

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)